外国人採用がはじめての企業の採用担当の方へ

外国人をはじめて採用する企業の採用担当の方へ

日本国内での外国人採用は当たり前の時代が近付いています。日本人の人材がなかなか採用できない中、留学生・外国人の採用が目立つようになってきました。また、人材不足だけでなく、留学生・外国人がとても優秀で日本語が苦手といった面も十分にカバーできる能力を持ち合わせていることも、外国人採用をすることが広まっている要因ともいえます。

外国人を採用する前にこれだけは押さえておきたいというポイントを紹介いたします。もちろん、外国人採用までの支援やフォローも行いますので、お気軽にNextStageAsiaまでご連絡ください。

就労ビザが取得できるかどうか

就労ビザが取得できるかどうか

 外国人を選考する前にその人材が就労ビザを取得できるかどうか確認することが必要です。
 日本で外国人を正社員として雇用するためには、学校における学問分野との関連性を有する業務か、母国語を必要とする業務につくことが大前提です。外国人の経験や国籍などが、職務内容などに関連性がどうか確認してください。もし分からなければ行政書士などの専門家に問い合わせする必要があります。

日本人との文化の違いによるトラブル

 「時間感覚」「空気を読む」「上下関係」などの日本特有のビジネス習慣は日本で働いたことのない外国人にとってはしっかり説明をしないと理解できないものばかりです。事前に日本のビジネス習慣や価値観をしっかり理解してもらうことで、スムーズに職場に馴染めるようになります。

ビジネス日本語が使えない

 中途人材なら別ですが、新卒の場合は今までビジネス日本語を使う機会に乏しいため上司に対してもフランクな日本語を使うことがあります。日常的な日本語の指導しながら、外国人のみのビジネス日本語研修なども実施することをおススメします。

日本人が多い組織の中にいることで相談相手ができづらく、孤立しやすい

日本人が多い組織の中にいることで相談相手ができづらく、孤立しやすい

 日本人の組織に外国人が入った際には、言語の壁からコミュニケーションが乏しくなり、悩みを一人で抱えがちになります。同じ国籍の先輩に母国語によって相談できることが理想ですが、そうでない場合、しっかりメンターなどをつけてコミュニケーションを取りやすくする工夫が必要です。

住居探しを手伝ってあげる

 外国人は日本での不動産の探し方に詳しくないので、一緒に探してあげるか、不動産業者を紹介してあげる事が必要です。その時に会社への通いやすさ、定期の価格、治安等もアドバイスをしてあげましょう。

問い合わせボタン_記事内_on