グループディスカッションとは?攻略法と5つのコツ!

こんにちは。
「グループディスカッション」という選考方法を知っていますか?
グループディスカッションとは、選考のはじめの方で行われることが多い選考方法で、4~5人の求職者が企業に与えられた「答えのない課題」について議論を交わすものです。今回はそんな「グループディスカッション」についてその攻略法とコツをごしょうかいいたします。

「グループディスカッション」についてその攻略法とコツ

グループディスカッションとは?何を見られているの?

グループディスカッションとは、複数人(多くは4~5人)の求職者がグループになって企業から与えられたテーマについて議論を交わすものです。テーマは様々で、最近の時事ネタや新規の自社商品の開発、店舗のレイアウトについてなど企業によって違います。当日にテーマが発表され、求職者はそのテーマについて話し合いをします。

この時求職者はそれぞれがロールを決め、ロールにそった行動をします。ロールには「司会」「タイムキーパー」「監視者」「書記」「発表者」などがあります。よく「一番良いのはどのロール?」と悩む学生がいますが、それぞれ自分が一番得意なロールでいどむのが一番です。

学生はこのグループディスカッションで自分の意見をしっかりと言えるか、そして自分と違う意見をきちんと聞くことができるのかということを見られています。

グループディスカッションのコツは?

グループディスカッションのコツは5つあります。

  • 積極的に発言している
  • 他人の意見を否定しない
  • 議題に沿った発言ができている
  • 協調性がある
  • きちんと知識がある

の5点です。
積極的に発言するのは当たり前のことですよね。発言が無いと人事はあなたのことを評価できませんし、記憶にも残りません。

しかし、自分の意見だけを言えばいいというものでもありません。
自分の意見しか言わず、相手の意見を否定ばかりしていてはいい議論はできませんし、チームの雰囲気も悪くなってしまいます。ディスカッションですから、相手の意見を否定せず、一回「なるほど」とうなずいてから「確かにいいけど、ここをこうしたらもっといいと思う」というように、代わりの案を出しましょう。「バカじゃないの」や「ありえない」など、否定する意見はNGです。

そして、自分のしゃべる言葉は理論的で議題からそれたものではいけません。ただたくさん発言すればいいというものでもなく「質」が面接官には見られています。みんながわかりきったことをダラダラとしゃべるのではなく、「まずはこれの定義を決めませんか」「ターゲット層を決めませんか」など議論を引っ張る発言をしましょう。
この議論を引っ張る発言をするためにはある程度の知識が必要です。日頃から知識を豊富にため込んでおきましょう。

最後に、日本では「協調性」が重要視されます。先述した「否定ばかりしない」というのもそうですが、例えばあまりしゃべれていない人がいたら、「○○さんはどう思いますか?」というように、発言を促す行動も必要ですし、他の人がしゃべりやすいような「雰囲気」を作り出すことが重要視されます。
これは皆さんが会社に入った時に、みんなの雰囲気を乱さず、きちんと自分の意見を言うことができるのかというものを見ています。

まとめ

いかがだったでしょうか?
日本人的な「空気の読み方」は留学生の皆さんには難しいかもしれません。しかし、相手の言葉を否定しない、しゃべっていない人に話を振るなど、分かりやすい「空気の読み方」はたくさんあります。是非皆さんも苦手意識を持たず、積極的に発言してみてください。

投稿者:NSA Staff

2017年07月06日更新