就活の夏。スーツはどうすればいいの?上着は?半袖は?

こんにちは
暑くなってきましたが、皆さんは暑さ対策をどうしていますか?
企業によっては「クールビズでお越しください」と書いてあるところもありますが、クールビズってどんな格好でいけばいいのか?と悩んでいませんか。
今回はそんな就活の「クールビズ」を男女別にご紹介します!

就活の夏「スーツ」はどうすればいいの?

男性のクールビズは?

男性の場合クールビズというと「ノーネクタイ、ノージャケット」のことを指します。「クールビズでお越しください」と言われたらクールビズで行きましょう。しかし、実際にはノーネクタイかつノージャケットの学生は少ないようですね。

ネット上を探すといろんな記事があり、書いてあることも様々です。で、実際どんな服装で行けばいいの?という質問には「その企業による」としかお答えできません。とはいえクールビズでお越しくださいと言っているわけですから、「クールビズで行ったら落とされる」ということは普通ないと思っていいでしょう。しかし周りがジャケットを着ていると不安になることもあるかと思いますので、ジャケットやネクタイは付けずに持って行けば間違いはありません。まわりの就活生がジャケットを着ていたらそれに合わせて着るようにしましょう。

「クールビズ」と言っても就活中ですので、「上着を着るかもしれない」ということを考えて長袖のワイシャツを着ることが望ましいですね。

夏の就活中はとても暑いですが、企業から服装について何も言われなかったらいつもの就活と同じリクルートスーツで行きましょう。その時も中は長袖のワイシャツを着ていきます。とはいえとても暑いですのでジャケットやネクタイは手で持って歩き、近くのコンビニなどの涼しい場所で着るようにしましょう。また、時間よりも早くいき、近くで涼んでから向かうというのも暑さ対策には有効な手です。是非時間に余裕をもって行動してみてください。

また夏用のスーツというものも販売されています。普通のスーツに比べて若干しわになりやすいという難点はありますが、実際涼しく感じる作りになっています。暑さ対策にこちらも是非活用してみてください。

女性のクールビズは?

女性のクールビズとは「ノージャケット」のことです。男性同様その場にいる就活生の様子を見てジャケットを着るか着ないかを決めると直前で焦ることはなくなりますね。

ブラウスやワイシャツは透けないように、中に白で無地のキャミソールを着用しましょう。カットソーでもOKですが、少数派の様です。またどんなに暑くても生足はNGです。必ずストッキングを着用しましょう。サンダルもNGです。

半袖、長袖で悩む学生もいますが、女性の場合はどちらでも構いません。とはいえ、半袖ではカジュアルに見えることもありますので、肘くらいの長さのものや、七分丈の長さのものが無難ですね。暑いからといって袖をまくるのはNGです。

しかしオフィスのなかはクーラーが効いていて寒く感じる女性もいるでしょう。そんな時は無理せずに、面接官に断ってジャケットを着るようにしましょう。
男性同様、企業から「クールビズで来てください」と言われなければいつものジャケットスタイルで行きます。女性用の夏用スーツもありますので、そちらを利用するのもいいでしょう。

移動時は無理せずジャケットは脱いで移動します。

ジャケットはどうやって持ち歩けばいいの?

ジャケットを持ち歩くといっても、ただ持っているだけではしわになってしまいますし、汚れがついてしまうかも知れません。ジャケットにはたたみ方があります。是非マスターして、会場でスーツが必要となった時に慌てないようにしましょう!

スーツのたたみ方は、こちらの記事を参考にしてみてください!
▶スーツのたたみ方!ケースの中でしわにならないために

まとめ

いかがだったでしょうか? 男性の場合はワイシャツは長袖、ジャケットは手持ちでしわにならないように。女性の場合はトップスは半袖でも大丈夫ですが、胸元が開き過ぎないようにしましょう。
男女ともにジャケットは念のため持ち歩く学生が多いようです。
汗と暑さ対策を行なって、なつの就活を乗り切りましょう!

投稿者:NSA Staff

2017年07月07日更新