内定辞退の理由とその対策

留学生・外国人の内定辞退の原因は対策が出来るものが多いです。母数が少ない分、苦労して内定を出した学生は、しっかり囲い込みをしていくのも重要です。彼らが内定を辞退してしまう理由をしっかり理解して対策をすることによって内定辞退の防止にも繋がり、また一から留学生や外国人求職者を探すということを事態を避けることが出来ます。

留学生・外国人求職者の内定辞退の理由とその対策

「家賃は企業に払ってもらもの」~待遇面への不満~

留学生は学生時代に寮に住んでいるかたも多く、更に家賃を全額自分で負担するという経験がなく、「家賃は企業に払ってもらうもの」と考えている方も少なくありません。
内定が出た後にこんな理由で辞退する方がいるのは事実です。

■対策は内定もらった企業の給料で自分で家賃払っても生活できるかどうかを説く。

対策としては、日本の就職では家賃手当は当たり前ではないという事を話し、内定もらった企業の給料で自分で家賃払っても生活できるかどうか一緒に計算します。地味ですがこれで辞退回避できます。

「親の知らない企業だから働けない」~両親の意見は絶対~

母国に住んでいる家族の意見にはとても左右されます。
親想いという面では、とても微笑ましいのですが、たまに「せっかく日本に留学したのだからもっといい企業に行ってほしい」「親が知らない企業だから働くことを許してもらえない」なという声があるのも事実。
親を安心させたい気持ちはわかりますが、自分の人生の事なので、そのへんは両親としっかり話合ってほしいところです。

■対策は企業の社内の雰囲気を知ってもらう機会をつくって学生と交流する

学生側にこういった不安があれば、エージェントが間に立ち、企業側にその旨伝えます。
企業と学生でどんな形であれ交流して、企業の社内の雰囲気を知ってもらう機会をつくってもらうことで、良い印象を残すことによって、本人から親に説得をしてくれます。
こういった事態に陥りやすいのは、社員との交流が少ない一方的な選考をしている会社で、留学生・外国人求職者が、社員にどんな人か知らないことが原因です。

「口コミサイトでブラックだと書いてあった」~残業は嫌だ~

外国人にとって日本人は「働きすぎ」というイメージがあり、ベンチャー企業などであるような、毎日夜遅くまで残業してまで働くというのは外国人にとっては理解できないことです。
なので、残業がどのくらいあるのかとても気にし、口コミサイトに書いてあることを鵜呑みにして考えが変わるという方も少なくありません。

■対策は交流の機会を設ける。残業を理解してくれる留学生・外国人求職者もいる。

これも上記「両親の意見に対する策」と一緒で、一緒に働く社員を気に入れば緩和されますので、交流の機会を設ける。またNSAでは面談時に、残業は絶対NGという人と、成長のためにはある程度OKという方それぞれに合わせて、雇用条件の調製します。残業NGの方にも、残業が多い会社を紹介して残業が多い理由と会社の魅力など伝えると納得して応募するパターンもあります。

「ほかに外国人がいないから不安」~仲間がいないと嫌だ~

外国人を既に採用している企業の方が、自分達外国人の価値観を理解してくれて働きやすい職場だと考えています。
仕事で悩んだ際の相談相手がいるということは心強いですが、自分から組織に馴染むよう努力していってほしいと思います。

■対策は複数採用を行う。または、企業は外国人を歓迎しているという事を伝えること。

複数採用して切磋琢磨している外国人がいますが、あくまで事業計画に必要な人数だけを採用する企業が多いのが実情です。
こちらに関しては、企業へのヒアリング時になぜ外国人を採用するのかをヒアリングしているので、それを伝えて、企業は外国人を歓迎しているという事をしっかり伝えることが重要です。また、就業前から企業の方との交流があれば少しずつ安心してくれます。

問い合わせボタン_記事内_on