タレントマネジメントとは

タレントマネジメントとは

タレントマネジメントとは近年日本でも注目され始めている、人材の能力を一元管理することによって業務の効率を上げていくシステムのことです。タレントマネジメントとは近年日本でも注目され始めている、人材の能力を一元管理することによって業務の効率を上げていくシステムのことです。欧米では1990年代にタレントマネジメントの概念が生まれ、21世紀に入るころには実際に導入が進んできました。

タレントマネジメント
人材の持つタレント(才能や能力)やスキル、経験値のみならず、住所、年齢、学歴、商務経歴など多岐に渡る情報を会社に登録し、活用することで役職に見合った人材を社内で迅速に配置することができるほか、空いたポジションや新規事業に適した人材を素早く配置することができます。また自身に適した職務に就くことで個人の意欲や適性を伸ばし、自身のキャリアに沿って育成計画を立てていくこともできるもの。


会社は従業員を歯車の一つとしてではなく会社にとっての財産であることを認識し、個々のタレントやスキルをはぐくみ伸ばしていく必要があります。
まずは長期的な視線をもってその人材を育成し、個々人のデータを日々蓄積させたあと、実務経験を経て得たキャリア情報を重視して個々人を評価し、個人の希望と合わせてキャリアパスを明示していきます。
このシステムを上手く構築するためにこの評価と育成についての重要性をよく理解した人間を配置することが重要です。

では何故タレントマネジメントが注目されているのでしょうか。

タレントマネジメントが注目されている理由

日本の企業において、新卒を一括で採用し、自社のビジネスに必要なタレントを育てていくことが一般的です。これまでの成功体験をもとに先輩や上席から知識や経験を受け継ぎ、ジョブローテ―ションによって様々な経験の場を共有してきました。しかしながら昨今の世界情勢において、グローバル化や技術発展等企業を取り巻く環境は劇的に変化しました。
情報化社会によって顧客の価値観やニーズが多様化し、技術サイクル革新の周期が短期になることによってこれまでの知識や価値観では対処しきれないビジネス課題が生じるようになったのです。

タレントマネジメントのこれから

今後も技術革新やニーズの変化は続き企業と人とを取り巻く環境は大きく変わります。この変化に耐えうる強い企業を作り出すためには既存のシステムだけでは運用しきれません。
かといって日本の社会システムや伝統的な風土の中では中途採用も機能的に利用することができず、しかし新卒を育てるには相応の時間がかかり育成もうまくいきません。このような経営環境から日本企業の中でも技術革新や顧客のニーズを先読みしたうえで個人の社員のスキルやタレントを管理し、適材適所な配置やより効率的な人材の採用や育成を行っていく考えが重要視されてきたことが原因です。

タレントマネジメントの仕組みを構築するには大掛かりなシステム変化や多大な労力を投入することが必要となります。しかしながらいざこれまでに体験したことのない課題や困難な状況に陥った時に、素早く体制を整えることができるようになるでしょう。

会社の未来を見据えたタレントマネジメントは、先行の利がある取り組みと言えるのです。

投稿者:Kaho

2016年10月21日更新