外国人の就労ビザについて

こんにちは。ネクストステージアジアのJumpeiです。

今回は外国人の就労ビザについて書きたいと思います。

ビザの取得は外国人採用でもっとも重要な手続きです。
取得し易い業界と取得しにくい業界はどういった業界なのか。
また、ビザを取得するための条件や、ビザの取得に必要な書類など知っているだけでも、外国人採用に対する抵抗がぐっと減るのではないでしょうか。

外国人就労ビザの取得し易い業界・取得しにくい業界

visa2

取得し易い業界

特別に取得しやすい業界というのはありませんが、外国人採用が活発なのは、専門知識を必要とするエンジニア職。
文系ですと商社やメーカーなどの海外進出を活発に行っている業種の企業が多いです。

取得しにくい業界

主にブルーワーカーの仕事では就労ビザは降りません。 例えば飲食や建築などの現場勤務は企業の採用ニーズは多いものの、日本での現場勤務が目的では就労ビザを取ることはできません。
目的が海外拠点での勤務であれば、その研修として日本での店舗勤務も研修の一環とみなされてビザが通るケースがあります。ですがその際も海外事業の存在証明を行う必要があります。

ビザを取得するときに必要な条件

ビザ取得には基本的につぎのうちどちらかの条件に当てはまっていることが大前提です。

1.国籍の一致

企業の海外進出先もしくは取引先の国と、採用する人材の国籍が一緒であること。

2.必要知識・スキルの一致

企業が任せたい職務内容に必要な、知識やスキルを持っている人材であること。 その他日本で4年生大学を卒業しているほうが審査の対象になったり、細かな条件もあるので初めて就労ビザを取得する企業は、専門科にお願いすることをお勧めします。

ビザ取得に必要な書類一覧

企業側が準備する書類

  • 給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表のコピー
  • 登記簿謄本の原本とコピー
  • 直近年度の決算書のコピー
  • 在留資格変更許可申請書(顔写真付き)
  • 雇用理由書(なくてもいいが、あったほうが審査の対象になる)

人材側が準備する書類

  • 履歴書
  • 在留カードの原本とコピー
  • パスポートの原本とコピー
  • 日本語学校/専門学校/大学/大学院の卒業証明書・修了証明書・成績証明書のコピー (日本と母国のもの両方)
  • 写真 (証明用写真 サイズ4cm×3cm カラー 撮影から3か月以内)

投稿者:Jumpei

2016年01月14日更新