外国人労働者を上手く育てる方法

現在国の政策の後押しもあり、日本ではたくさんの外国人労働者が日本の企業で活躍をしています。
しかしながら文化や価値観の違いによって社内で衝突することが後を絶ちません。
一言謝れば済む話なのに外国人労働者が謝らないために先輩社員と上手くいかない、など経営者が頭を抱える問題は数多くあります。ではそういった衝突を避けて外国人労働者を上手く育てていくにはどうしたらよいのでしょうか。

~文化を理解する~

日本の社員とぶつかる原因が考え方の違いからくることは多くあります。
というのも日本人どうしで伝わる暗黙の了解が外国人には理解することができないからです。
「日本に来ている限り日本のやり方に従うべきである」という考えでは今後増える外国人労働者と上手くやっていくことができません。国の背景を理解してなぜ外国人労働者がそのような主張をしたのか理解しましょう。

例えば日本では意思を伝える際にあいまいな返事をしたり、敢えて何も返事をしない文化があります。これは日本人が文脈依存型のスタイルをとっていて、行間に込められた意思を読み取って相手の真意を理解しようとするコミュニケーションスタイルをとっているからです。しかしながら多くの国では言語依存型、つまりイエスかノーかをはっきりと相手に伝える表現が好まれるため、日本的なあいまいな表現では相手に伝わらない恐れが大きいのです。その結果、なぜはっきりと返事をしないのかと困惑する外国人が多くなります。

部下への意思の伝え方でも、日本人の間であれば何となく目標を共有することができますが、外国人にははっきりと言語で説明しなければ意義が伝わっていないということが多くあるようです。

また「文句」を言ってくる外国人の部下にいら立ちを感じるといった経営者や先輩の悩みを多く聞きますが、「意見」を述べることが美徳とされている文化もたくさんあります。
疑問や意見をぶつけられた日本人はなぜ外国人労働者がそのようなことを言ったのか理解できず、またしようともせずに腹を立ててしまうケースがありますが、外国人労働者がなぜそう思ったのかということを今一度考えてみると今後の会社のためになることも多くあります。

~外国人をひとくくりにしない~

前述に述べたのは一例です。「外国人」としてひとくくりにすることなく、その国一つ一つの背景を理解することが衝突をなくすことに繋がります。その個人や国の文化を尊重しコミュニケーションを図りましょう。

また国によっても考え方は大きく異なります。多くの意見を取り入れて双方理解が得られるような制度を作るか、何故日本ではこのような制度が取り入れられているのかを説明することが大切となります。

まとめ

いかがだったでしょうか。
外国人労働者にとって日本の仕事の進め方や会議の在り方、個人と集団の考え方など理解できないことが沢山あります。これからますますグローバル化していく中で、互いに歩み寄りをし、より生産的な職場環境を構築していくことが期待されます。
まずは相手の文化背景を理解して考え方を共有していきましょう。

投稿者:Kaho

2016年10月11日更新