マレーシアの現地法人で働きたいという希望がありましたが、その条件での採用が叶いました。

日本企業から内定をもらったFarah Binti Dinbandaliさんの情報

名前 Farah Binti Dinbandali
出身国 マレーシア
最終学歴 東京工科大学
内定企業名・業界 株式会社ROI

内定獲得インタビュー

―Farah Binti Dinbandaliさんはなぜ日本で就職しようと思ったのですか?

日本での仕事のやり方・職場の環境を知りたいと思ったからです。私はもともとルックイースト政策によって日本にきました。この政策は「日本の集団主義と勤労倫理を学べ」というものです。世界において日本のビジネスレベルは非常に高いと思われています。せっかく日本に来て勉強したので、日本企業で自分の力を試したいと思いました。

―就職活動をする上で大変だったことを教えて下さい。

就職活動で大変だったのは、留学生を受け入れている企業を見つけ出すことでした。学内の合同企業説明会に行っていい企業と出会ったこともありました。ただ、そこの人事担当者に話をきくと、まだ留学生は積極的に採用していない、という返事でした。興味があって入りたいと思っても、必ずその企業の選考を受けられるとは限らないと知りました。

―そうなんですね。では、そのような中で内定を取った秘訣を教えて下さい。

企業が求める人物像をしっかりと知ることです。自分の求める条件だけではなく、相手が何を求めているかを知らなければ企業に採用されることは難しいでしょう。また、自分がその会社でどんな貢献ができるかをしっかりアピールしましょう。私は学生時代にアプリ開発など開発スキルを磨いていました。その力で企業に貢献したい、とアピールしました。今はその力がなくても、将来的な展望でもいいです。自信を持って答えた方がいいと思います。

―なるほど。NSAのサービスを利用して良かった点を教えて下さい。

一番のメリットは、エージェントの方が企業と条件交渉をしてくれるところです。学生の希望する条件をなるべく実現させようと、エージェントの方が企業と交渉してくれるのです。私の場合は、入社後1年以内でマレーシアの現地法人で働きたいという希望がありましたが、その条件での採用が叶いました。自分ひとりではとてもできないことが、エージェントを使うことで可能になると思いました。

―最後に、就職活動中の後輩たちにアドバイスをください。

もしあなたが学生なら勉強の他に会社で使える実践的なスキルを学んでおいたほうがいいと思います。学校の勉強も大事ですが、会社で活躍するためにはそれだけでは足りないと思います。日本の企業は成績もあまり重視しません。自分がどんなスキルがあるか、企業にアピールできなければ内定を取るのは難しいです。学生のうちから社会で役立つ力を磨くことをおすすめします。

2016年01月29日更新