自信を持ってチャレンジしてみてください。

日本企業から内定をもらったニンさんの情報

名前 ニン
出身国 タイ
最終学歴 九州大学大学院修士課程 
内定企業名・業界 コンサルティング業界 コンサルタント職

内定獲得インタビュー

―ニンさんはなぜ日本で就職しようと思ったのですか?

中学校2年の日本旅行がきっかけで、興味を持ちました。それから絶対日本に住みたいと思っていたので、仕事も日本でしたいと思っていました。

でも自分の日本語力が足りないと思ったので、卒業後に日本語学校に通おうと思いました。
でも、寮の先生から「日本では大学在籍中に就活をしたほうがいい。卒業してからだとエントリーできる企業が少なくなる。だから卒業前に就職活動をしてみたほうがいい。」とアドバイスをいただき、初めてみることにしました。

―就職活動をする上で大変だったことを教えて下さい。

日本人が使うようなウェブサイトを使っていましたが、日本人向けの求人情報が多すぎて、しかも漢字ばかりで書いてあり、タイ人である自分を求めている企業を見つけることができないことです。
それにまったく日本の就職活動の情報を知らなかったので、どう動いたらいいのかわかりませんでした。

―そうなんですね。では、そのような中で内定を取った秘訣を教えて下さい。

ネクストステージアジアにタイ人募集の企業を紹介してもらったことです。
日本人と競争せずに済んだため、数社エントリーしただけで自分が興味を持っている企業から内定をもらいまいた。
日本人向けの求人にエントリーをしている友達はうまく結果が出ていませんでした。

―なるほど。NSAのサービスを利用して良かった点を教えて下さい。

登録した後にすぐにSkypeで企業を紹介をしてもらったことを覚えています。対応スピードが速く、信頼を置くことができました。
なにも日本の就活のことがわからなかった自分にとってはとても助かりました。私にとって就職活動の先生です。

―最後に、就職活動中の後輩たちにアドバイスをください。

自信を持ってチャレンジしてみてください。
面接も最初は難しいですが、たくさん数をこなすことで、上達していきます。
どんどん馴れて緊張も薄れていきます。それで少しでも自信をつけるとうまくいくようになります。

模擬面接でもいいので、どんどんチャレンジしてみてください。
また入社後のキャリアがどうなるのかを事前にしっかり確認する必要があります。海外は入社前にポジションから選びますが、日本では会社が配属先は企業が選ぶことになるので、そこは事前にしっかり確認する必要があります。

2016年03月15日更新