会社の熱い想いに惹かれ、この会社で働いていこうと決めました。

日本企業から内定をもらったカーネル・マティアスさんの情報

名前 カーネル・マティアス
出身国 スウェーデン・オーストラリア
最終学歴 ストックホルム大学
内定企業名・業界 金融業界

内定獲得インタビュー

―カーネル・マティアスさんはなぜ日本で就職しようと思ったのですか?

高校の時から日本語を学ぶようになって、大学に入っても日本についての研究を行いました。
ゆくゆくは日本と世界を結ぶようなことがしたい、と考えるようになり、日本での就職を希望するようになりました。

―就職活動をする上で大変だったことを教えて下さい。

日本の就職活動のやり方が分からなかったことです。
企業研究のやり方、留学生がどのような仕事ができるのか、積極的に留学生を採用したい企業をみつけられない、という状況でした。
自分で探すには、あまりにも情報の少ないこと、またどこで情報を手に入れたらいいのかわからず、とても苦労しました。

―そうなんですね。では、そのような中で内定を取った秘訣を教えて下さい。

しっかりと準備したから就職活動がうまくいきました。
面接においてどのようなことを聞かれるのかを考え、自分の考えを用意しました。
留学生に何を求めているのかを調べて、考えて、自分のアピール、自分のやりたいことをしっかりと答えられるようにしました。
また、企業の理念を調べて、自分に合うと考えた理由なども志望動機にしました。

―なるほど。NSAのサービスを利用して良かった点を教えて下さい。

一生感謝すると思います。NSAのエージェントの方々がいなければ、今でもきっと困っていたと思います。
NSAのエージェントの方々からは留学生に対する熱い思いをもっていることを感じました。
自分に合った会社をみつけられたのはNSAのエージェントの方々のおかげです。

―最後に、就職活動中の後輩たちにアドバイスをください。

まずは決してあきらめないことです。就職活動は非常に準備に時間がかかります。
しっかりと就職活動準備をしましょう。
自分にはどのような仕事があっているかをしっかりと考え、就職活動に臨んでください。
また、日本語の勉強や日本語での面接の対策はしっかりと行い、選考本番に臨んでください!

2015年12月09日更新