準備することが何よりも大事です。

日本企業から内定をもらった邵楠さんの情報

名前 邵楠
出身国 中国
最終学歴 東海大学大学院情報通信研究科
内定企業名・業界 デジタルプロセス株式会社

内定獲得インタビュー

―邵楠さんはなぜ日本で就職しようと思ったのですか?

真面目な性格と言われる私にとって、周りに真面目な人が多い環境である日本のほうが気持ちよく仕事ができると考えたからです。実際に日本に留学してきて、日本人が真面目だということを身をもって理解することが出来ました。なので日本の文化がより自分に合っていると思いました。
また、せっかく日本に留学してきたので、日本語能力を含めた試験を受けることにより、自分の語学力を試したいと思っていたのと、研究を基にした自分の専門的な能力のチャレンジをしたかったので日本で就職しようと思いました。

―就職活動をする上で大変だったことを教えて下さい。

大変だったのは準備です。日本での就職活動はやるべきことがたくさんあります。SPIなどの筆記試験、面接、エントリーシートなどです。すべての項目において、準備をすることが重要になってきます。その中でも筆記試験の勉強が大変でした。日本語で書かなければならないですし、漢字の問題が扱われている試験も多いです。自分が試験前に準備不足だと感じた選考は全て不合格でした。

―そうなんですね。では、そのような中で内定を取った秘訣を教えて下さい。

筆記試験の準備をしっかりやったこと、面接でリラックスして行ったこと、より多くの情報を収集することを努力したことです。上記にもあるように就職活動において準備は非常に大切です。身近な友人、また就職活動のサポートをしているNSAのようなエージェントのアドバイスを聞きながら、しっかりと準備をすることができたのが内定をとれた理由だと思います。

―なるほど。NSAのサービスを利用して良かった点を教えて下さい。

NSAを使ってみてとても良かったのは時間の節約ができたことです。就職活動を始めてから2ヶ月で内定が取れましたが、NSAのサービスを使ったのは1ヶ月だけです。自分に合った会社をエージェントから紹介していただき、約1ヶ月という短い期間で決まりました。また、その間も研究を続けることができました。就職活動中は先輩留学生の失敗談や成功例などの就職活動に有益な情報をNSAに教えてもらえました。これは過去問のようで非常にためになるものでした。

―最後に、就職活動中の後輩たちにアドバイスをください。

まずは自分自身を理解することをしてください。そうでないと自分が何をしたいのかわからないままです。何がしたいかわかったら、次に自分の内側と外側のための努力をしてください。内側とは学業と日本語のことです。学んだ知識はいつ使うかわからないものですが、必ずいつか使う時がきます。また外側とは、情報収集の努力のことを指します。私はたまたま親切な日本人の友だちに詳しく正しい就職活動の情報を教えてもらえました。友だちだけに限らずNSAや書籍でも情報収集をしてきました。それは本当に大事なことで、就職活動においてとても役に立ちました。

2016年01月18日更新