これは差別ではない!日本人がついついいってしまう「そんなつもり」のない言葉

こんにちは
日本で就職活動をしているときに留学生の皆さん、特に欧米の方がショックを受けてしまう日本人の何気ない言葉ってたくさんありますよね。
中には「差別」されたとカンチガイしてしまう人も多いようです。でも、日本人はなにも差別しようとおもっていっているわけじゃないんです。
今回はそんな「カンチガイ」についてできるかぎりごしょうかいしていこうと思います。

「そんなつもり」のない言葉

ほめ言葉

よく留学生の皆さんが気にする言葉に「日本語上手ですね」と言われるものがあります。また、着こなしやおはしの使い方なども褒められることが多いとか。でも、留学生の皆さんは「ばかにされているのではないか」とかんじることがあります。
日本人は英語が苦手な人が多く、さらに島国:他国民族が行き来しにくい環境のため、多言語を話す習慣がありません。そのため、母国語と日本語を話せるというバイリンガルである海外から来た留学生に対し、尊敬の念を抱きやすいのです。なので決して、軽視しているのではありません。

留学生の皆さんから見れば「なんで日本人はこんなことをいうんだろう」と思うかもしれませんが、日本人はぜんぜんまったく、皆さんをばかにしているつもりはありません。
近年はだいぶ「日本人ではない人」が増えてきましたが、そもそも日本は島国で様々な民族がまじって生活するような習慣はありません。そのため自分たちとは異なる文化の人が自分たちと同じことをしていると「すごい」と思うんです。また他の国の文化を知らないために「日本独特の文化」だとおもっているものも多いので、余計にそういう言葉が出てくるという一面もあります。

また、日本人は外国籍の人にどう話しかけていいのかわからないとかんじる人も多いのが事実。いろいろと考えたあげく、けっきょく「日本人的にあたりさわりのない」○○上手ですね。という言葉がでてきます。

ここで重要なのはそれが決して差別的な意味で使われているのではないということ。さらに言えば深く考えた上での言葉でもないので○○上手ですねという言葉は「あいさつ」くらいの感覚で受け止めてください。

同様に「お寿司食べたことありますか?」といったような「○○したことありますか?」系の質問も、なんて話しかければいいのかわからない日本人がなんとかおはなしをしようとおもってしぼりだしたものですので怒らずに、会話のきっかけとして答えてあげてください。

おしごとで…

求人票をみると「総合職」「一般職」とわかれているときがあります。仕事内容をみると、まるで「女性用」「男性用」のようにみえるという留学生も多いようです。

実際それは必ずしもまちがっている認識ではありません。残念ながら昔のなごりでそういった区分けがされている会社もあります。でもそんな会社ばかりではありませんし、性別によってどちらかを選ぶことしかできないということはありません。とくに近年は女性の管理職をふやそうというとりくみもされているので自分のやりたい仕事にチャレンジしてみてください。

また外国人採用実績として「○○人採用実績あり」と書かれていることがあります。よく留学生がかんちがいしがちなのは求人票に書かれている国籍の人しか募集していないのかな?ということですが、これはそういう意味ではありません。「外国人を採用したことがあるから安心してどこのくにのひともおいで」ということですので、安心してエントリーしてみてください。

差別的なことば?

外国人の方がいやがるものに「ガイジン」とよばれるというものがあります。日本のひとではないといういみの「外国人」をしょうりゃくしたことばで、人によっては「さべつされている」とおもうかたもいるようです。しかし日本人的には全くそのような意図はない言葉ですので安心してください。
日本においてことばを省略することにおおきな意味はありません。「ガイジンさん」というよびかたにはむしろ親しみがこめられています。

まとめ

いかがだったでしょうか?
ごく一部ですがよく言われてしまいがちな言葉はご紹介できたのではないでしょうか?
基本的に皆さんが気にしているほど日本人に差別意識はありません。ひとり遠い国に来て不安に思うこともあるかもしれませんが、「さべつされてるのでは」と悩まずあなたらしさをはっきしてみてください。
もしそれでも悩んでしまうことがあれば是非当社スタッフまでお気軽にお問い合わせください。

投稿者:NSA Staff

2017年05月11日更新