インターンシップとアルバイトの違いは?

こんにちは。インターンシップのありかたは、国によってだいぶちがいますよね。今回は、日本におけるインターンシップとアルバイトの違いについて説明していきたいと思います。

対象としている人がちがう!

まずインターンシップとアルバイトの違いの最も大きな違いは、アルバイトが基本的には年齢や経歴を重視しないのに対してインターンシップは大学生を対象にしているという点です。
アルバイトが学生に対して学業への配慮をしない基本的には行わないシフトを組むのに対して、インターンシップでは学生の学業を優先としているために、学校の授業時間を配慮した採用やシフト決めをしてくれます。 また長期のインターンシップになると、特にIT会社などで多いのですが、書籍を無料で配布してくれる会社もあるようです。
アルバイトでは従業員として「プロ」を求められますが、インターンシップでは身分は学生です。そのため失敗をすると怒られることはもちろんありますが、それがなぜいけないのか、どうすればよかったのかという指導をしてもらえます。

インターンシップって?

日本のインターンシップには短期、長期の2種類があります。
短期インターンは1日~1週間程度の短いもので、おもに会社の雰囲気を見たり、インターン生同士で業務の疑似体験を行ったりします。これは就職活動の一環や選考として行われることが多いですね。
長期インターンは1か月以上のもので、アメリカなど海外では一般的です。長期インターンは短期インターンが無給であることが多いのに対して給料が出る場合が多いようです。こちらは短期インターン生と違って会社の実務にかかわり、スキルアップや社会人マナーを学ぶことが出来ます。また、インターンシップを通じてその会社から内々定を貰える可能性もあります。

インターンシップってどうやって応募するの?

アルバイトでは求人サイト、または店頭に直接連絡を取って面接します。一方のインターンシップでは企業と学生をつなぐ仲介企業を利用するほかに求人サイトや会社ホームページから会社に直接連絡を取る方法、また学校を通じて企業に紹介をしてもらう方法の3種類があります。
仲介企業を使ったインターンシップの場合、インターネットなどの情報媒体によってまずは仲介企業を探す登録するところから始まります。登録するとあなたの希望に合った会社を紹介されたり、自身でその仲介業者に登録している企業へメッセージを送ってコンタクトをとることが出来ます。
こういった仲介企業を使ったインターンシップの検索では中小企業、ベンチャー企業から大企業まで求人を出しているため選択肢の幅が広いことがメリットになります。また期限も数週間から年単位に渡るものまで多数よういされているため、実践的に社会について学ぶには良い環境を提供してもらえます。
また企業によってはインターン中の悩みなどの相談にエージェントが乗ってくれるところもあるようです。
次に、自分で企業に直接連絡を取る場合についてです。仲介企業をはさまないで連絡する分、企業から「やる気のある学生」という評価を受けることが出来る反面、特に大企業では相手にしてもらえないことがあります。しかしベンチャー企業や小企業ではインターン生の募集に対してなかなか人が集まらないため歓迎されることが多いようです。
最後に学校からの紹介について。
こちらは完全に職業体験の一環として開催されることが多いようです。とくに大学と提携している大企業が多いようですね。
こちらのインターンは数日という短い期間で行われることが多く、社員との交流や社内の雰囲気を感じることが出来るようです。

最後に

短期インターンと長期インターンなど日本には独特な仕組みがあります。短期インターンで会社の雰囲気を感じるというのもいいのですが、やはりオススメは長期インターンに早くから参加するということです。というのも、短期インターンでは会社の厳しい側面を隠すことができます。また仕事というものの本質に触ることが出来るのも長期のインターンを通してであると思っています。

いかがだったでしょうか。インターンとアルバイトの違い、インターンの種類についてイメージがつきましたでしょうか。インターンを有効活用して就活をがんばってくださいね。

投稿者:NSA Staff

2017年02月28日更新