エントリーシートとは?カバーレターとの違い

こんにちは。
日本で就職活動の時に企業に送る書類は「履歴書」と「エントリーシート」の二枚が一般的です。
履歴書も海外のものとは大きくフォーマットが違いますが、エントリーシートは海外にはありません。
海外には履歴書と一緒にカバーレターというものを出すことが多いようですが、エントリーシートもカバーレターと同じようなものだと思っているとあまりのちがいに驚くことになります。
今回はカバーレターとエントリーシートのちがいについてご紹介します。

エントリーシートとカバーレターとの違い

エントリーシートとは

エントリーシートとは書類選考のために企業に提出する選考書類のことです。志望動機や自己PRの他に、自分の趣味や特技、また自身が学業や学業以外でがんばったことなどを記入する欄があります。

基本的にテーマがいくつか指定されていて、それに沿った文章を決められた欄いっぱいにかくことになります。テーマ内容はどの企業も使うオーソドックスなものから業界、企業の特色によって設定されるものまで様々で、企業が何を重視しているのかによって書くスペースの大きさが変わります。

日本の企業の多くが就職活動でこのエントリーシートを利用していて、その出来は最終選考の結果まで左右します。
学歴などのちがいで「足切(学校のレベルなどが基準に達していない人は内面や他のところは見ずに落とすこと)」として使われることも多いため、頑張ってかいても読んでもらえないということも多いのですが、履歴書よりもずっと重要視されているため後々選考まで進んだときのことを考えるときちんと書く必要があります。

また面接の際面接官がこれを見ながら話をすることがあるため、エントリーシートはコピーを取っておき(企業から返却されないことが多いです)面接の前に自分が何を書いたのか復習しておくことも必要です。

日本の「履歴書」と同じようなことを聞かれるために「ちがいがわからない」と感じることがあるかもしれませんが、履歴書とまったく同じことは書かずにアレンジを加えたアピール文章を使いましょう。

カバーレターとの違いは?

大きな違いはエントリーシートは企業ごとにフォームが決まっているということです。例えば「自己PR」や「学生時代に頑張ったこと」など紙に項目が決められていて、それに合った内容を書くことが求められます。

企業によって項目は違うため、エントリーシートはカバーレターのように1枚で全企業に使用することはできません。カバーレターがだいたいA4の用紙1枚で作成されるのに対し、エントリーシートは企業によってA3の大きさや項目の数や書くスペースの問題で複数枚提出が求められます。

エントリーシートは企業のHPや説明会で入手することができます。
また多くの場合は手書きです。
アピールポイントの書き方も違います。

例えば「数学ができます」ということをアピールしたいときに、カバーレターでは

  • 数学ができます
  • それはこういう風に仕事に活かせます
  • だからこの会社に合います

というようにポイントだけを伝えるのに対して、日本では

  • 数学ができます
  • 何故そう思うのかというと、こういう体験をしてきたからです
  • だからこういう風に仕事に活かせるとおもいます

というように、そのプロセスやエビデンスが重要視されます。
これは履歴書や面接でも同様でスキルを前に出さず、そのスキルがある理由、スキルを活かした経験や熱意を前に出してアピールすることが重要です。

まとめ

いかがだったでしょうか?
日本の就活は自国のものに比べてまったく違います。
書き込む欄が決まっており、フォームも指定されていることがほとんどです。
新卒の場合は手書きを基本。またスキルやアピールも結果よりもそのプロセスを重視される傾向にあります。
日本では何をポイントとして見られているのか確認して書類づくりをしましょう。

投稿者:NSA Staff

2017年06月06日更新