エントリーシートの書き方~中途編~

Korean|韓国語の記事はこちら

海外とは違い日本では、エントリーシートは無個性であることを求められます。なぜならば見た目の個性にとらわれない公正な目でその人の人柄や技量を図ろうとするからです。そのため日本でのエントリーシートは決められたパターンに則って書くことが求められています。

海外とはここが違う、エントリーシートの書き方~中途編~

どんな人を求めるのか

中途採用では、企業は求職者が自社を理解しているか、自社に入社する意欲があるか、持っているスキルが自社で生かせるか、目標を持っているのかを重要視します。
しかし職歴やスキルをアピールするだけでは日本の企業は採用しようとは思いません。チームの輪を大切にしようとする日本では、いくら仕事ができてもチームの輪を乱す人を採用しようとは思わないからです。そのため志望動機では何をやってきて、どのような仕事をすることが出来るのかを具体的に記入する必要があります。例えばマネージャーをやっていて部下が何人いた事、自分のチームで協力して何を完成させた、など、リーダーシップや協調性、コミュニケーション力があることをアピールできると評価につながります。

エントリーシートで気を付ける事

海外ではジョブホップは大きく評価されます。しかし日本では何度も転職している人は根性がない人、続かない人と見られ、自社に来てもすぐに退職してしまうのではないかと評価が下がってしまう原因となります。そのため、インターンやアルバイト履歴など、正社員ではない職務経験をなるべく減らすことが重要となります。長く働いた結果身についた経験がどのようになり、即戦力となるのかを如何に伝えるのかが日本では重要なのです。
また、日本では将来の展望はあまり重要視されません。将来こうなりたいという希望よりも、これまでどのようなスキルを培ってきたのかを重要視されています。将来の展望は転職理由として聞かれることはありますが、実際は人事が気にしていることは少ないようです。この傾向は特に即戦力を求めている企業に多いようです。

エントリーシートを書くにあたって、取得していない資格を書いてはいけません。一度受けて落ちた資格、受けていないが自分にはこれくらいの力がある、といった意味で資格欄に書いてしまうと、それは虚偽になります。書かないようにしましょう。
また日本のビジネスマナーとして、エントリーシートや履歴書に貼る写真はスーツを着用した背景が無地なものが好ましいとされています。ペットを抱いた写真や、奇抜な髪型をした写真は日本では受け入れられません。写真の裏には名前を書き、万が一はがれた時もだれの写真なのか分かるようにしましょう。
また、エントリーシートを紙媒体で提出する場合、折ったり汚したりしてはいけません。クリアファイルなどに入れ、折り目がつかないように管理してください。

いかがでしたでしょうか。海外と日本ではいくつか細かい違いがあります。違いを知って内定を手に入れましょう。

投稿者:NSA Staff

2016年12月15日更新