エントリーシートの書き方~新卒編~

Korean|韓国語の記事はこちら

海外とは違い日本では、エントリーシートは無個性であることを求められます。なぜならば見た目の個性にとらわれない公正な目でその人の人柄や技量を図ろうとするからです。そのため日本でのエントリーシートは決められたパターンに則って書くことが求められています。

海外とはここが違う、エントリーシートの書き方~新卒編~

そもそもエントリーシートで何を求められているのか

無個性なエントリーシートなんて何の意味があって書いているのかわからない。日本の様式に慣れていない人が聞けば、そう思うのも当然です。では日本の企業がエントリーシートで見たいと思っているものはなんなのか。それは人柄です。
人事は学生に仕事で役立つ技能や知識を全くと言っていいほど求めていません。そのため企業は学生の人柄やポテンシャルを見ようとします。それは自社で活躍してくれそうな学生であるかどうか、熱意があるかどうか、そして知識や地頭の良さです。エントリーシートでは企業がそれを知るためにいくつかの質問をされます。

よくある質問

企業がエントリーシートで学生のこれまでの業務経験や技術に期待していないのは先述した通りです。そのためエントリーシートで聞かれる質問は自分がこれまで頑張ったことや自己PR、長所や短所などが主なものになります。

留学生が悩みがちな自己PRですが、まずは冒頭に自分の強みやより強調して主張したいことを書きましょう。例えば「自分の長所は○○です」「私は○○をしています」など、一目見て何を伝えたいのかが分かる文章になっているといいですね。
次に、何故そう思うのか、そう思ったのかを具体的な背景を交えて印象付けます。学生時代のインターン経験やアルバイト履歴はここで書くといいでしょう。例えば「私は、○○で○年間こんなことをしてきました。その時こんなことがあり、こんなことを学び、こんなことを考え実行するようになったからです」などというように理論的な文章を書くように心がけます。最後にその経験で得たものや学んだことを加えて文章を占めます。

もう一つ新卒採用では必ず聞かれる志望動機があります。これは企業が熱意の高い学生をふるいにかけようと聞いているもので、人事が会社への志望度を図るために用います。
志望動機の書き方はその会社で成し遂げたい目標、何故その目標を掲げたいとおもったのかの理由、その目標を達成するためになぜこの会社を選んだのか、具体的にはどのように働きたいとおもっているのかを柱として文章を組み立てます。日本では外国のようなポジション採用をしている会社はあまりなく、その会社内で様々な仕事を身に付けてほしいと思っています。そのためになぜその目標に拘り、それを成し遂げるのが他社ではなく御社でなければならないのかを答えるようにしましょう。

細かいエントリーシートの決まり

日本の企業エントリーシートは他国の物と違い、いくつか細かい規定や暗黙の了解があります。
まず、エントリーシートや履歴書の写真は背景が無地でリクルートスーツであることが望ましいとされています。

  • 写真を撮る際は目を隠さず、なるべく額を出すようにしましょう。
  • 写真を貼る際には万が一はがれた時に誰のものなのか分かるよう写真の裏に自分の名前と大学名を書いておきましょう。
  • 文章を書く際は油性の黒のボールペンを使用します。油性マジックなどはNGです。
  • 間違った時は修正液等を使わずに、全文を書き直します。誤字脱字がない事も最後にしっかりと確認します。
  • エントリーシートは折ったり曲げたり飲料のシミをつけてはいけません。
    A3の用紙以外はクリアファイルに入れて持ちあるき、A3の用紙の場合は二つ折り以上にはしないようにしましょう。

いかがだったでしょうか。エントリーシートの質問には様々なものがあります。もし書き方に困った際は、是非NSAにご連絡ください。

投稿者:NSA Staff

2016年12月21日更新