スーツのたたみ方!ケースの中でしわにならないために

こんにちは。
泊りで遠くに就職活動をおこなう時に困るのがスーツの持ち運びですよね。

そんな時、スーツケースの中でスーツがぐちゃぐちゃになったら大変です!

今回はスーツのしまいかたについてご紹介します。

スーツのたたみ方!

まずはジャケットから

スーツはハンガーにかけて運ぶことが一番いいのですが、そうすると荷物が大きくなってしまって持ち運ぶことが大変になります。

そのためバッグに入れて運ぶのですが、スーツはたたみ方と入れ方が重要なんですよ!

まずはジャケットのたたみ方から見ていきましょう。

  • まずはスーツケースにスーツを入れるスペースを確保します。
    この時大きめにスペースをとってください。
  • ジャケットをたたみます。

たたみ方は

  • まず、スーツの片面を肩パットまでしっかりと裏返します。
  • 次にひっくり返した袖のなかに裏返しにしていない袖を入れます。
  • 襟を立てて伸ばします。
  • 表面が裏側になるように折り曲げます。
    背中のラインがあるのでそれに沿って折るときれいになります。
  • 襟に形崩れ防止のクッションを入れます。
    これはタオル一枚やTシャツ一枚くらいがいいですね。
  • 袖を折ります。
  • 襟の方からタオルやシャツなどを芯にしてロール状に巻きます。
    この時折ったところがほどけないように注意しましょう。
  • 折れ目が無いか確認しながらバックにしまいます。

パンツとスカートのたたみ方

まずはスカートから

スカートで気を付けなければならないのはプリーツです。

  • プリーツがあるときはスカートの内側に折り込みます。
  • プリーツを整えたら両側から三つ折りにします。
  • 縦長になったらそれを半分に折って完成

パンツのたたみ方

  • パンツの前と後ろを持って折ります。
    パンツに折り目がついているのでそれに合うようにたたみます。
  • パンツ全体にタオルやシャツを置いて芯にします。
  • ジャケットと同じように巻きます。
  • 巻いたところがほどけないようにスーツケースに仕舞います。

ここで大切なのは巻き目がほどけないようにすることです。大きめのタオルなどに包んでからスーツケースに収めるとほどける心配が無くていいですね。

たたみかたについて、画像付きで掲載しているサイトがありますので、こちらもぜひみてみてください。

参照:https://customlife-media.jp/suit-fliding
https://www.o-sentaku.net/blog_20151005/

まとめ

いかがだったでしょうか?

スーツのしわは面接官が見ています。ちょっとのしわも見逃さず、きれいにしまえたらいいですね。

万全の状態で面接に挑めるようにしましょう!!

投稿者:NSA Staff

2017年04月04日更新