ビジネスにおける日本文化、独自の日本語を理解しよう

日本語は「奥が深い」といわれるように、習得するのが簡単な言語ではありません。日本人であっても、母国語として完璧に使いこなしているとは言い切れないほど。留学生が習得に苦労するのは当然のことです。

また日常会話はこなせるようになっても、就職活動や企業への就業時、ビジネスの場面ではまた違った難しさがあります。ビジネスにおける日本語、いわゆる「ビジネス日本語」をマスターするためにはどういったことに気をつければいいのでしょうか。

ビジネス日本語習得に必要なもの

日本語の基礎的な能力を身につけておく必要はありますが、ビジネス日本語はただ日本語が上手なだけでは十分とはいえません。次の3点が鍵となります。

1.使う相手やシーンによって柔軟に変える必要がある

ビジネスでは上司や同僚のほか、取引先や顧客などとの関係性を読むことが最優先です。関係性を重視したうえで、敬語、丁寧語、謙譲語、命令語などの日本語独特の言い回しを使い分ける必要が出てきます。

さらに相手だけでなく、ビジネスのシーンによっても使う言葉を変える場合があります。
例えば会議や打ち合わせ、商談・雑談などです。同じ人と話す場合でも、シーンによっては話し方を変えることもあります。また、謙譲の文化を持つ日本のビジネスにおいては、おおげさに「へりくだって」話すこともあります。

2.電話など非対面型コミュニケーションが多い

相手の姿を見ることなく、電話やメールでの対応が求められる機会も多くあります。そういった場合に臨機応変に自分や相手の立場を推し量ったり、場面に適した日本語を選ぶのは対面より難しい部分も。

3.文書の作成、内容の読解力が求められる

企業で働く中で、つねにさまざまあ文書を読解し、作成する能力が必要になってきます。日常的な報告から「会社として、こういうことをしていいですか?」とお伺いをたてる稟議書といった社内文書はもちろんのこと、多くの社外へ向けた文書も作らなくてはなりません。例えばプレゼンテーションに関連する文書、企画書などなど、業種によってはさらに増えることもあるでしょう。

早い時期からの勉強が大切

いざ就職活動をしようとしたときに、これらのビジネス日本語をすぐに習得するのは困難を極めるでしょう。そこで、早い時期からの対策が不可欠です。

もちろん、就職活動について、日本の企業の採用方法や業界研究、エントリーシートと自己分析などなどを学ぶことが最優先となります。そのうえで今後は、以下のような就業後の日本のビジネス文化の習得に、もっと力を入れてもいいかもしれません。

  • 日本独自の組織のあり方
  • ビジネスにおける詳細に説明する方針、顧客サービス志向、企業内外における文化や背景の理解を深める
  • 基本的なビジネスマナー
  • 同僚や上司との具体的なコミュニケーションの取り方
  • 協調性やチームワークを重視する日本のビジネス社会について

おわりに

日本のビジネス社会には、確かに独特の慣習があります。ただ、早めに知っておき、徐々に理解を深めていくだけでも、心に余裕が生まれます。関連書籍を読んだり、先に働いている先輩に話を聞くなどして、前もって少しずつ学んでおくといいでしょう。

投稿者:NSA Staff

2018年04月18日更新