上場企業・一部上場企業って立派な会社のこと?その意味することは

就職活動をしていると、「〇〇くん、上場企業に入社が決まったって」「就職するなら上場企業がいいよ。大企業が多くて安心だから」という会話を耳にすることはありませんか。

日本の就活において、上場企業に入社するのは優秀な学生の証、つまり勝ち組であり、ひとつのステータスともされています。しかしそもそも、上場企業や一部上場企業とは?いったいどんな企業のことをいうのでしょう。

上場とは新しく株式(かぶしき・Stocks)を公開すること

上場企業の「上場」とは、おおまかにいうと新規株式公開(IPO)のことをいいます。
企業が自社の株式を証券取引所というとことろに新たに上場し、一般投資家(とうしか・Investors)が自由に売買できるようにすることで、「Initial Public Offering」の頭文字を略してIPOともいいます。

証券取引所とは、投資家が株式や債券(さいけん・Bonds)などを売買する取引のマーケットです。例えば東京証券取引所(東証)や名古屋証券取引所(名証)といったところになります。証券取引所によっては、複数の株式市場があります。

例えば東証は東証1部、東証2部、ジャスタック、マザ-スといった市場があります。その中でも最も上場への審査が厳しいのが1部で、1部基準に満たないのが2部。ジャスダックやマザーズに上場するのは比較的新しい成長企業が多いとされています。厳しい基準を満たして東証1部に上場を果たすと、その企業の知名度は格段に上がるのです。

上場企業で働くメリット・デメリット

それでは上場企業で働くことで、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょう。

メリット

  • 社会的な信用が得られる

    企業の名前が信頼されており、クレジットカードや住宅ローンの審査に通りやすい傾向にある

  • やりがいのある大きな仕事ができる

    知名度や信用度がある会社には、優秀な人材や多くのビジネスチャンスが集約される

  • 知名度が武器になる

    知名度があることで、商談がスムーズに進むことが多い

デメリット

  • 株主からの厳しいチェックにさらされる

    経営状況や財務状況、経営戦略方針をクリアにしていく必要がある

  • コンプライアンスに違反で信用を失うリスクも

    公正・公平に業務を遂行する法令遵守が求められる

  • 買収などの可能性もゼロではない

    買収をされてしまうと同じ待遇ではなかったり、リストラになる可能性もある

おわりに

上場を果たしている企業は、やはり優良企業が多いといえます。ただ、大企業や優良企業でも、あえて上場していない会社もあるんです。

自分にとって仕事のやりやすい企業なのか、自分のものさしで見る必要があります。上場か非上場かだけにとらわれて企業選びをすると、ミスマッチが起こる可能性も。企業研究をするときの参考にしてみてくださいね。

投稿者:NSA Staff

2018年05月28日更新