内定から入社までの流れは?

試験をけて、たくさん面接もして、会社から「採用予定」のお知らせが来たあとの流れはどうなるのでしょうか。

自分が今どの状況にいるのかを把握し、確認してみましょう。

最終面接のあと

最終面接に合格すると、「内々定」の電話が来ます。「内々定」とは、会社がその人を採用する予定がありますよとお知らせすることを言います。また、内々定の時点では、労働に関する契約・約束をまだしていない状態です。なので、会社の経営が苦しくなったときなどは、内々定は取り消しになることも、あります。法律では、この内々定の取り消しに対して、訴えることは難しいです。
内々定が決まってから、内定者フォローといって、会社から会社に関する情報が来たり、先輩社員との交流会があったりすることが多いです。

内定式

内定式までに、学校の推薦状や内定承諾書の提出をしなければならないことがあります。それは、会社にとって、学生がほかの会社に行かないようにする目的があるようです。内定承諾書の提出が終わると、雇用契約書などの採用手続きが始まります。
ほとんどの会社では、10月に内定式というものがあります。内定式のときに、懇親会といって、内定が決まった人と会社の人の何人かで飲んだり食べたりすることもあります。内定式から、労働に関する契約・約束を正式にすることになります。ここから、取り消しになってしまえば、訴えることができます。
また、内定辞退についてですが、内定辞退は会社に大きな迷惑をかけるということを忘れないでください。もちろん、内定辞退の決断をすることは悪くありません。自分の人生にかかわる大切な決断なので、自分で判断をすることは重要です。しかし、会社も多くのお金と時間をかけて、採用活動をしているので、辞退をする場合は、迷惑をかけて申し訳ないという気持ちを表しましょう。

入社までの流れ

入社までに、会社での研修が行われます。グループワークや、社会人になる前の準備をします。そして、入社前に、レポートなどの課題を提出しなければならない会社や、業界に関する勉強を義務づけるところもあります。
また、留学生の皆さんは、日本に滞在するためのビザを「留学」から就労可能なビザに変えなければなりません。早めの申請の準備をしましょう。

投稿者:NSA Staff

2016年12月03日更新