内定式、入社式はどう違う?具体的にな目的とその内容

2019年春卒業予定の採用面接が6月1日に解禁となり、就職活動(就活)も後半戦。中にはすでに内々定をもらっている人もいれば、内々定があってもなくても、これからシュウカツ本番だ!という人もいるかもしれません。

まだまだ就職活動は続くわけですが、一通りハードルを乗り越える秋には、多くの企業が内定式というイベントを行います。その後、実際に企業に入社する春、新年度には入社式がとりおこなわれるのです。どちらも学生から社会人への区切りとなる式典ですが、どんな内容か知っていますか?

内定式とは

内定は、企業で働きたい学生と企業側の正式な労働契約です。就活する学生にとって、ある種のゴールともいえますね。しかし実際は、企業から内定をもらう前に『内々定』というものが出されていることがほとんどです。

内々定は、正式な労時契約ではなく、企業側の「あなたを採用する(予定です)」という通知です。経団連が出している『採用に関する指針』により、10月1日までは内定はだせないことになっているので、これ以前の採用の約束は内々定ということになります。

内々定を正式な雇用とする式が内定式です。学生側は内定通知書を授与されたり、承諾書を提出したりします。自己紹介や、入社後の抱負などを話す場面もあるでしょう。式の後に研修や社内見学、懇親会が行われる企業もあるようです。よほどのことがない限り、内定を取り消されることはないので、社員の一員となった実感を持てるイベントといえます。

入社式とは

一方、学校における入学式にあたるのが入社式です。正式に企業の入社が認められ、社会人としてのスタートを切る記念のイベントとなります。本社の大きな会議室で行う会社もあれば、ホテルの宴会場やコンベンションセンターの貸会議室を借りて行うところも。レジャー施設や観光地で行う企業もあり、ユニークな入社式が話題となることもありますね。

4月1日に行われるところがほとんとですが、3月下旬に行う企業もあります。社長の挨拶や新入社員への辞令が交付されます。他に役員の挨拶や新入社員代表の挨拶などを経て、1~2時間ほどかかる内容となっています。

入社式後はもう社の一員ですから、早速オリエンテーションなどを行い、新入社員が集まって自己紹介などを行う企業も少なくありません。

おわりに

内定式にかんしては、やらない企業もあります。不安に思う人もいるかもしれませんが、特に珍しいことでもありません。中小企業ではその傾向が強いです。ただ、どちらにも企業のカラーが現れることは確かなので、自分のいきたい企業がどんな内定式、入社式をしているのか調べてみるといいでしょう。

投稿者:NSA Staff

2018年08月03日更新