営業職に求められるものとは?

営業職に向いているタイプ

文系の学校に通っている学生が日本で就職した場合、多くの人が「営業」という仕事を一度は経験します。そもそも営業職とは、自社の商品やサービスを認知させて、購入に導く活動を行う職種です。すべての仕事の基盤であり、その会社の顔ともいえます。営業の力なくして、企業の発展はありません。

そんな営業職に向いている人とは、一体どんな人なのでしょうか。

適性1:人が好きである

毎日、顧客と話すことが求められる仕事ですので、人と話すことが好きな人のほうが向いている仕事です。
また、話すだけではなく、相手の話を聞きながら、顧客が抱える問題やニーズをつかんでいく「聞く力」も必要とされます。

適性2:前向きである

eigyo2

これは「明るくて楽天的」という意味ではありません。
営業という仕事は、売上という目標を課されるほか、顧客から様々な要望を出されたり、時にはクレーム対応に追われたりすることもあり、ストレスやプレッシャーを感じやすい仕事です。(一方で、成果が出た時の喜びはとても大きいもので、それがやりがいとなるケースが多いです。)

だからこそ、常に気持ちを安定した状態にコントロールするスキルが求められます。大きな問題が発生したり、失敗したりした時には、その原因を冷静に分析し、改善策や事後策を考えなくてはなりません。そのうえで、気持ちを切り替えて次の仕事に臨むのです。

適性3:探求心がある、リサーチすることが好き

顧客の置かれている状況や、抱えている問題、ニーズを把握するために、経済や景気の変動、業界動向など、情報収集が欠かせません。そのためには、新聞やビジネス誌などで日々チェックしておくことが大切です。探求心がある、すなわちリサーチすることが好きであれば、その強みを生かすことができるでしょう。情報収集力があるだけで、プレゼンテーションでも説得力が増すものです。

一見、仕事とは直接関係がなさそうでも、顧客との雑談で盛り上がり、関係が深まることもあるものです。

最後に…

留学生の中には営業という仕事を嫌がる方もいます。

  • 売上目標への責任が嫌だ
  • 頭を下げてばかりになりそう
  • 話すことが得意ではない

そんなイメージがあるのではないでしょうか。

営業といっても、そのスタイルは企業によって様々です。自分から売り込まずに、興味を持った相手にだけ提案する「反響営業」やすでに付き合いのある会社のみに提案する「ルート営業」というスタイルもあります。

顧客のことを知ることができるのは営業だけです。インターネットでいくら情報を集めても、直接話をしなければわからないことがたくさんあります。

それに、難しい契約を勝ち取った、顧客から信頼された、営業成績が給料に反映された…これらの喜びを得られるのは営業だけであり、そのまま自信につながります。だからこそ、営業での経験は、その後のどんな仕事でも役立ちます。
ぜひ「営業」にチャレンジしてみてください。

投稿者:NSA Staff

2016年02月29日更新