外国人が就職活動を行う際に難しいと感じる点

Chinese|中文の記事はこちら
Korean|韓国語の記事はこちら

皆さんこんにちは
外国人留学生が日本で就職を考えた際に、難しく感じる点が沢山あります。
今回は外国人留学生が難しいと感じる点をまとめました。

就職活動が始まる時期が早い

基本、外国での就職活動は大学を卒業してから始まるのに対し、日本では、大学3年生から、早い人だと、大学2年生・1年生から始めている人もいます。
海外では学校を卒業してから、あるいは卒業論文がおわってから就職活動を始めるのが一般的です。そのため外国人留学生が就職活動を始めようと思った時には門戸がしめられてしまっていて困惑する留学生が多いようです。

段階が多い

日本での就職活動は、段階がとても多く、書類選考→筆記試験→1次面接→2次面接→最終面接等、長い期間をかけて行います。この点に関しては、日本が終身雇用制を取っており、一つの企業に長い間務める、というシステムがあるために採用をしっかりと行いたいと感じているためかもしれませんが、このシステムは外国人にとっては大変苦痛です。そのため優秀な人材が途中で就職活動をあきらめてしまうという事態になるようです。

個性が重視されない

外国人が就職活動を行う際に、意外と多く聞こえてくる言葉が、個性が重視されない、ということです。日本の就職活動では、皆が同じスーツを着て、同じような内容の言葉を話します。そのような部分に外国人は面白みを感じられず、就職活動自体が嫌に感じてしまう人も多いようです。現在では面接時の服装自由であったりインターン生をとるなど様々な採用活動の形をとっている企業も増えてきていますが、まだまだ個性を重んじない会社が多いと留学生は感じているようです。

その他に

日本の独特な就職活動に好意的な目を向ける留学生もいます。

  • 日本の就職活動ではスケジュールが存在していて一斉に開始する姿がおもしろい
  • 新卒のための仕事マーケットがきちんと存在していて、大変にありがたいことである
  • 合同説明会、会社説明会、インターンシップのような、会社自体のことを知る機会に恵まれており、より自分自身からアプローチを行うことが可能である
  • インターンシップも短期と長期の両方が存在していて、自分の用途に合った方を選ぶことができ、自分のスケジュールと合わせて就職活動を行うことができる

まとめ

留学生が就職活動を行う場合には、自国の就職活動との違いから、様々な疑問を感じながら活動を行っている場合が多いようです。
採用側は、より優秀な人材を採用するために、より分かりやすい情報提供や、告知を行う必要性もあるのかもしれませんね。

参照元:http://news.mynavi.jp/articles/2016/01/04/careerenquete/

投稿者:NSA Staff

2017年01月24日更新