外国人労働者の最近の動向

皆さんこんにちは~
だいぶ寒くなってきましたが、風邪などは引いていないでしょうか?
是非元気に就職活動を続けて下さいね。
さて、今回の記事は、外国人労働者を受け入れている企業の傾向に関してです。
実際に日本で就職しようと考えている外国人留学生の皆さんにとっては、知っておくべき情報だと思うので、是非読んでみてください。

日本で働く外国人の最近動向

外国人雇用状況の実態

日本で働く外国人は厚生労働省の調べによると、平成26年10月末現在、外国人労働者を雇用している事業所数は137,053か所であり、外国人労働者数は787,627人となっています。

・国籍別の外国人労働者数は、中国が一番多く、311,831人。全体の39.6% それらに次いで、ブラジル、フィリピンがそれぞれ、94,171人(12.0%)91,519人(11.6%)

・外国人を採用している事務所は東京都が最も多く、全国に占める27.1% 外国人労働者自体も東京都に多く、全国に占める26.4%。次いで愛知県、神奈川県、大阪府となり、これらで全体数の半分を超える数となっています。

・外国人を採用している事務所の規模としては、「従業員が30人未満の事務所」が最も多く、外国人を雇用している事務所の54.6% 外国人が就職している産業別数値ですと、製造業が最も多く、34.7%が全体の人数の中で占めています。

外国人が日本に居住している理由

日本には出入管理及び難民認定法が存在し、外国人が日本に居住するためには、一定以上の理由が求められます。その理由と人数内訳は以下の通りです。

①就労目的で在留が認められるもの 約16.7万人 いわゆる、専門的分野・技術的分野のこと
②身分に基づき在留するもの 約36.7万人 定住者(主に日系人)、永住者、日本人の配偶者など
③技術実習 約16.8万人 技術移転を通じた開発発展途上国への国際協力が目的
④特定活動 約1.3万人 EPAに基づく外国人看護、介護福祉士候補者、ワーキングホリデー等
⑤資格外活動 約19.2万人 留学生のアルバイトなど

外国人留学生の卒業後の進路希望

留学生全体の卒業後の進路希望調査では、「日本で就職を希望」するものが最も多く、65.0%、次いで、「日本で進学を希望」するものが45.2%
一方で、実際に日本で就職しているものは卒業留学生のうち2割程度となっている。
能力の面で、優秀な外国人留学生は大勢、日本に来ていますが、企業側の認識が甘いのに加え、留学生側も日系企業に性格面で合うことが困難に感じる場合もあるのだと感じます。

これからの取り組み

能力面で優秀な外国人留学生がより、日本で就職してもらうために挙げられる提案内容としては

  • 外国人材ならではの活躍の場の提供
  • 人材育成や配置の方針に関する納得性の高い説明
  • 害置く人材が溶け込みやすい職場づくり
  • 日本語能力を高める支援づくり

等が挙げられると思います。

参照元:http://www.clair.or.jp/tabunka/portal/work/reserve_worker.html https://goo.gl/kNvr2S

投稿者:NSA Staff

2017年01月18日更新