就職活動でのふくそうは?

こんにちは。
就職活動をするとき、留学生の皆さんの多くは「服装」について気にすることは少ないのではないでしょうか?
ヨーロッパでは説明会や面接の時に「服装」について特に指定されることはないようですし、「スーツ」と言われれば言葉通り受け取るでしょう。
でも、日本ではちょっと違うんです。
就職活動で「スーツ」と言われればリクルートスーツのことを示しますし、細かい規定があります。
今回は日本の就職活動におけるルールを見ていきましょう。

日本の就職活動におけるルール

スーツの種類や小物にも決まりがある

まず、さきほどもいったように日本で就職活動用のスーツと言えば「リクルートスーツ」です。
リクルートスーツというのは黒色でストライプのような柄が入っていないものを指します。男女問わずワイシャツを着用し、ワイシャツの色は白色です。基本的に清潔感があるといわれる黒と白を基調としています。
でも真っ黒でべったりとした黒色は「お葬式の色」として忌み嫌われてしまいますし、白と黒と言っても黒いネクタイは同じく喪服(もふく)になりますのでNGです。

服装はスーツで来てくださいと言われればリクルートスーツで行くのが決まりですし、何も書いて無ければやっぱりこの白と黒の服装で行くのが当たり前です。
多くの国では「スーツ=スーツならなんでもいい」ようですが日本では黒いスーツに白いワイシャツ。違う色で行くと目立ってしまいますし、場合によっては人事に注意されることもあります。

では何故みんなが同じリクルートスーツなのかと言えば前に述べたように清潔感があり、外見的な個性を消すためなんですね。場のを大切にする日本では暗黙の了解として「みんなと同じである」ことが求められます。そのため派手な格好はNGでおんなじ恰好が求められるんです。最近は「個性を出していこう」ということでリクルートスーツでなくてもいいよという企業もありますが、まだまだ少数です。

では黒いスーツを着ていればいいのかと言えばそうではなく、ネクタイの色や柄、女性であれば髪型にも決まりがあります。

例えばネクタイは、細めのストライプ柄や小柄、無地が一般的で、キャラクターの絵がついたものはNGです。色も水色や青といった落ち着いた色が主流で、業界によってはストライプ柄もNGであることもあります。
女性の髪形も基本的には後ろの低めの位置で1つに束ねるのが主流で、前髪やサイドの髪は落ちてこないようにヘアピンやスプレーで留めることが求められます。

もう少し開放的な社風ではハーフアップでも大丈夫ですが、その場合も前髪は落ちてこないようにする必要があります。
女性は派手すぎないメイクをすることがマナーで、ノーメイクはマナー違反です。そのメイクも狙う業界によって少し変える必要があったり、色や使い方にも決まりがあります。
リクルートスーツでも女性はスカート姿が一般的ですし、ストッキングも肌色、靴はヒールのある靴という決まりがあります。
男女ともに靴は黒色です。茶色は好まれません。ベルトも靴に合わせて黒色が無難です。
細かい決まりについてはこちらにも記事があるので見てみてください。

私服でお越しください

「私服でお越しください」とわざわざ書いてあることがあります。これは日本人も迷う文言ですが、「私服」ではビジネスカジュアルで行くのが無難です。「普段着でお越しください」という時もビジネスカジュアルですが、アパレル業界を志望していた時は普段着のセンスを見たいという企業の意図があるためにセンスのある普段着で行く必要があります。

企業がどんな意図で服装を指定しているのかという「裏の意図」を見なければいけません。これも日本人独特の「場を読む」力が問われているので留学生の皆さんには難しいかもしれません。
しかし調べてみるとネットに情報がありますので、裏の意図を読むのが難しいと感じた時にはネットの力を借りてみましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?
日本の決まりは自国にないものがあってとってもめんどくさく感じたのではないでしょうか。でも、日本の「和」を大切にする文化が裏にはあるので、是非勉強してみてください。

投稿者:NSA Staff

2017年05月22日更新