就職活動の身だしなみ(男性編)

English|英語の記事はこちら

就職活動では普段とは違い、服装や髪形にもある程度のルールがあります。就職活動にそぐわない身だしなみは、第一印象を下げてしまうことになりかねません。
では、どんな就職活動ではどのような身だしなみをすればいいのでしょうか。

男性編

スーツについて

色は黒、紺、グレーなどの落ち着いたものにしましょう。
ボタンは2つまたは3つのもので、肩幅が体に合ったものを選びましょう。
ズボンについては、面接前にはしっかりアイロンをかけ、折り目がきちんとついているか確認しましょう。ズボンのはき方ですが、ベルトが腰の位置にくるくらいがちょうどいいです。あまり低く履くと、だらしない印象になってしまいます。

シャツやネクタイについて

ワイシャツには、さまざまなデザインがありますが、基本的には、白い無地のワイシャツを選びます。色つきのシャツなどは避けた方が無難です。
ネクタイにもいろいろな種類がありますが、無地かストライプでシンプルなものがいいでしょう。派手な色で無理に明るく見せようとする必要はありません。
また、ネクタイピンをつけることによってお辞儀をした後に着崩れを直さなくていいのでオススメです。

靴、髪型について

靴も黒地の革靴を使用しましょう。
就活をしていると靴が一番汚くなりやすいので、頻繁に磨いてください。
また、「踵が削れている靴をはいている就活生は即刻不採用」という企業も実際にあります。見落としがちな靴ですが、とても重要です。

靴に加えて、頭髪も大事な身だしなみの要素となります。大学生活で髪を染めている人も多いかと思いますが、就活期間中は、必ず黒色に戻してください。(欧米の方などで、もともとの髪の毛の色が黒ではない人はそのままで大丈夫です。)
男子学生が髪形で気をつけたいのは第一に清潔感です。
寝起きのままのボサボサや寝ぐせがついているのは、それでけで面接に不合格になります。きちんと、櫛(くし)でとかします。 ショートヘアの場合は、なるべく額を見せてサイドは耳にかからない程度に切りそろえるとよいでしょう。

【その他にも…】

ポケットに小物を入れすぎると、膨らんで見苦しくなります。基本的にポケットには、ハンカチとティッシュ以外は入れないようにしましょう。ポケットのふたは、外に出しておくのが基本です。

爪は短く切っておきましょう。爪の長さは、1ミリ以下が理想です。ひげが生えたままで説明会や面接に参加してはいけません。伸びるのが早い人は、電気シェーバーを持参して、面接直前に剃るようにしましょう。

いかがでしたか?
基本的なことですが、このような部分を企業の人事は見ています。ぜひ参考にしてください。

投稿者:jumpei

2016年05月13日更新