就職活動の身だしなみ(女性編)

English|英語の記事はこちら

就職活動では普段とは違い、服装や髪形にもある程度のルールがあります。
就職活動にそぐわない身だしなみは、第一印象を下げてしまうことになりかねません。また、女性には女性特有のルールもあります。では、どんな就職活動ではどのような身だしなみをすればいいのでしょうか。

女性編

スーツやブラウスについて

まずスカートかパンツかで迷う方がいると思いますが、どちらでも構いません。スカートの場合、丈は立った時に膝が隠れる程度のもので、椅子に座った時に膝上5cm以内になるようなものを選んでください。色や柄は男性同様、黒の無地が無難だと思います。 ボタンは、女性は男性と違い一番下までしめるのが基本です。加えて、スーツは何日も着ているとシワができます。シワや汚れのケアもしていきましょう。

また、ブラウスについてですがこちらも男性同様白の無地のものを選ぶと良いでしょう。襟や袖の汚れは目立つので洗濯をしてアイロンをかけたものを用意しましょう。
また、下着が透けて見えないように気をつけましょう。

ストッキングや靴・鞄・時計について

ストッキングは自然な肌色に近い無地のベージュのものを用意しましょう。自分の肌より少し濃いめのベージュを選ぶと足がきれいに見えるのでオススメです。
また、ストッキングは伝線しやすいので、常に予備を一枚持ち歩いておくと安心です。

また、靴はヒール5cm以内のものを選びましょう。飾りのない黒革の無地のものが無難です。鞄・靴共に前日までに傷や汚れのない綺麗なものを用意しましょう。時計はシンプルなものを選びましょう。

メイクについて

全体的にナチュラルメイクを心がけます。厚塗りにならないようにしてください。
また、スッピンは社会人としてNGです。
ベースは顔と首の色が違わないように自分の肌色に近いものを選びましょう。ニキビやクマはコンシーラーできちんと隠して下さい。

アイシャドウはラメのものは避け、ブラウンやベージュ系などナチュラルなものを使用します。色ものは薄いピンクくらいなら目元が明るく見えるのでOKだと思います。
アイラインは黒またはこげ茶のものを使用し、細くひくようにしましょう。流行りのはね上げやたれ目風、囲いメイクは厳禁です。アイブロウは髪の色より少し明るめのものを選ぶと自然に見えます。太過ぎず細過ぎず、自然なカーブを心がけましょう。チークやリップはピンク系など自然で健康的に見えるものを選んでください。

メイクは練習あるのみですが、やり方が分からない人はデパートの化粧品売り場などで一度やってもらうのをオススメします。

他にも…

■髪型について
髪の毛は染めずに行くのが好ましいです。染めすぎた茶髪などは避けましょう。髪形は基本はストレートで、表情が見えるようにスッキリとまとめましょう。前髪などはヘアピンではなくスプレーで固めるときれいにまとまるのでオススメです。ヘアピンを使用する際は見えない位置で留めるようにしましょう。

ヘアアクセサリーに関してですが、髪をまとめる際は黒のヘアゴムなどのシンプルなものを使うようにしましょう。シュシュはカジュアルな印象になりがちなので、あまり使用しないようにするべきだと思います。

■爪・ネイル
長い爪は短く切り、基本的にネイル・マニキュアは避けたほうがいいでしょう。塗るならノーカラーのものを選びましょう。

■その他
あまり目立つ様なつけまつげは避けましょう。面接官は派手さよりも清潔感を求めるものです。太めのアイラインも避けたほうがいいです。ノーリップは貧相に見えるため、避けましょう。顔色が明るく見える上品なピンク系の口紅が、スーツスタイルには合います。

いかがでしたでしょうか。女性の場合、男性より第一印象で差出やすいです。面接が多くなる時期になる前に、基本的なルールはしっかり覚えておきましょう!

投稿者:jumpei

2016年05月26日更新