志望動機の伝え方【結論から話す】

English|英語の記事はこちら

German|ドイツ語の記事はこちら

自分の考えていることを相手にわかりやすく伝えるためには「話す順番」が大切です。

正しい順番は、【結論】→【理由】の順番で話すことです。

この順番が逆になってしまう方が多く、それだけで相手に伝わりづらくなってしまいます。では、実際に例を挙げて見てみましょう。

Q.日本で働きたい理由を教えてください。

【結論】→【理由】の順番で答える(正しい答え方)

日本の技術が発展し、成功した要因を学び様々な国の技術発展に貢献したいからです。なぜかというと、日本のイノベーションは世界中の人々に影響を与え、生活基準の向上にも貢献していると思います。母国に限らず、人々が他国に視野を広げることにも繋がっているからです。

【理由】→【結論】の順番で答える(間違った答え方)

日本のイノベーションは世界中の人々に影響を与え、生活基準の向上にも貢献していると思います。母国に限らず、人々が他国に視野を広げることにも繋がっているからです。だから日本の技術が発展し、成功した要因を学び 様々な国の技術発展に貢献したいです。

いかがでしたか。

結論から話すことで、相手に物事を論理的に話すことができます。

この話し方がしっかりできているかどうかを企業の人事は必ず見ています。本当にすばらしい志望動機があったとしても 話す順番が違うだけで相手に伝わらないことが多々あります。普段から結論を最初に話す癖をつけていきましょう!

投稿者:jumpei

2016年06月30日更新