志望動機の作り方

English|英語の記事はこちら

Why×5で結論を導き出す

志望動機がうまくまとまらない人は”Why×5″を活用してみるといいと思います。問題に対してWhy(なぜ)を5回繰り返すと結論に導きだすことができます。

では、実際にやってみましょう。

Q,なぜ日本に留学を決めましたか?

  • Why?(一回目)→日本という国が好きだから。
  • Why?(二回目)→日本人は真面目だから友達になりたいと思ったから。
  • Why?(三回目)→自分も日本人と同じように一生懸命働きたいから。
  • Why?(四回目)→日本で一生懸命働いて、得た技術を母国で活かしたいから。
  • Why?(五回目)→将来、母国の発展に貢献したいと思ったから。

A,母国の貢献に発展したいから

これを応用して答えてみましょう!

Q,なぜこの会社で働きたいと思いましたか?
1. why?
2. why?
3. why?
4. why?
5. why?

このように繰り返し”Why”を問うことで、結論が導き出されます。色々な質問に置き換えて、最低でも5回以上繰り返してみてください。もちろん面談の時にも話すことになるので、声に出して面談の練習を行うことも忘れずにしてください。
もちろん、志望動機を考える上でNSAのスタッフもお手伝いさせていただきます。問い合わせフォームからお気軽にご相談くださいね!

投稿者:Jumpei

2016年03月15日更新