新人研修ってなにするの?

みなさんこんにちは。
新人社会人として入社したり、新しい会社に転職したり…
そんなときに新入社員用の研修を受ける事があります。
実際はどんなことをしているのでしょうか?

今回はその新入社員研修どんなことをしているのかについてお話ししていきたいと思います。

新人研修で取り上げられるコンテンツはこちら

会社に関する知識

会社の成り立ち(沿革)や組織の仕組み、社会における機能などについての知識が、新入社員研修の内容として必要になります。
会社の収益の上げ方も、新人のモチベーションに繋がるでしょう。
また、企業理念を新人全員に理解してもらうことも大切です。
その会社のミッションや社会活動などの説明も加えて、意識統一を図っていかなくてはいけません。
新卒社員は、会社の全体の様子を知る事で、組織の一員として自主的な姿勢が生まれます。

仕事の捉え方と心構え

新入社員研修には、より精神的な部分での社会人としての自覚をもたせる内容も必要です。
そもそもなぜ仕事をするのか、その意義と仕事の目標についてなど、仕事を始めるにあたっての基本的な部分での意識統一を図っていきます。

人間関係の構築が仕事の出来栄えに影響してくるシーン例

  • 上司からの指示への対応の仕方
  • 仲間とのチームワークについて
  • 取引先との対人関係のノウハウ
  • 取引先との連携の仕方
  • 他者への仕事の依頼の仕方 など

このように、人間関係の構築がどれだけ重要なのかを、例を挙げながら新人に教えましょう。人間関係が重要だと聞いても、多くの新人は「当たり前」と感じるはず。具体例を挙げてイメージさせて、初めて新卒社員の当事者意識が強まります。

新人に教えるべきビジネスマナー

  • 社会人としての正しい言葉づかい
  • 敬語の使い方について(社内、社外での敬語について)
  • 正しい挨拶の仕方
  • 対人関係にまつわるノウハウ
  • 仕事を円滑に進める注意点(報告、連絡、相談)
  • 電話の応対について(かけ方、受け方)
  • 名刺の渡し方
  • 取引先訪問のマナーと服装について
  • 社外でのマナーと社内でのマナーなど

新入社員全員に共通のマナーを指導し、社会人の一員としての意識統一を図ります。
ビジネスマナーは講義と共に実際の訓練も行うのがベストです。

いかがだったでしょうか?
日本では、ほとんどの企業が基礎知識を教えるために新人研修を行います。
この研修で社会人としての基礎をしっかり身に付けていきましょう!

投稿者:NSA Staff

2016年12月07日更新