新卒、第2新卒、中途の違いって?

Chinese|中文の記事はこちら
Korean|韓国語の記事はこちら

みなさん、こんにちは。
就職活動をしているとまれに「第2新卒可」などの記載を目にしますよね。
新卒との違いは何なのでしょうか。
今回は、新卒、第2新卒、中途の違いについてお話ししたいと思います。

基本的な意味

採用の種類と基本的な意味のご紹介

▶新卒
新卒とは、大学や専門学校、高校などを今年度中に卒業する学生を表す用語。「新規卒業」もしくは「新規卒業者」の略語であるが、採用のシーンでは「新卒」と呼ばれることが多い。

▶第二新卒
第二新卒とは、一般的に学校を卒業後、一度就職をしたが数年の内に離職し、転職活動をする若手求職者を指します。

▶中途
基本的に学校を卒業後、3年以上の社会人経験があるもの。
中途採用では即戦力要員として採用される。

▶※既卒
既卒とは「卒業してから一度も就職していない人」 のことです。
第二新卒に対して既卒とは、学校を卒業してからどこの企業にも一度も就職をしていない人の事を言います。第二新卒と既卒の意味の違いは大きいですよね。

第二新卒の採用状況ってどうなっているの?

第二新卒にあてはまる人の割合は年々増加傾向にあり、厚生労働省の統計では、30%が3年以内に最初の会社を退職すると発表されています。また、企業側の新卒採用時期の変化、一括採用(卒業した年の4月から雇用する従来の新卒採用)モデルの変化など、様々な要因から、今後も一定の割合で第二新卒層が発生するものと予想できます。

採用する側の企業として、第二新卒を求める割合が高まっています。2014年度の新卒採用実施企業へのアンケート調査によると、「卒業から3年以内の既卒者の応募を受け付けた割合」が62.5%という結果になっています。前年の同じ時期と比較して13.2ポイント高くなっていて、多くの企業が第二新卒の採用を行なうと答えています。

第二新卒採用をするメリット

なぜ企業は第二新卒を求めるのでしょうか?
理由の1つとして考えられるのは、新卒者と比較して採用後の教育コストがかからない・低く抑えられるからです。
新卒者とは違い、社会人のマナーなど最低限の教育は、前の職場で受けている場合が多く、ゼロから教育する手間・費用が不要になることが想定できます。
また、若手であることへの期待も高く、「新しいことへの適応力がある」「短期間で戦力に育つ」「社風や制度に馴染みやすい」「素直で指導のしがいがある」「行動力にたけている」など、一定のキャリアがある人材と比較したときのメリットもあるからです。

第二新卒採用をするデメリット

一番のデメリットは、新卒で入社した会社を短期間で辞めることへの印象です。
採用する人事担当として、自社に入ってもすぐに辞めてしまうのではないか、という不安を抱くのも理解ができます。また入社後においても、新卒に近いといえ、やはり社会人経験がある人材と見られます。マナーなど最低限の部分において、指摘を受けないように気をつけなくてはなりません。

いかがだったでしょうか?
特にわかりにくい「第二新卒」について詳しく説明を載せました。

皆さんは、どれに当てはまりますか?
日本のこの概念について知っておくと良いかもしれませんね!

投稿者:NSA Staff

2016年12月08日更新