日本でのキャリアチェンジは簡単(かんたん)!?

Korean|韓国語の記事はこちら

みなさん、こんにちは。
日本で転職(てんしょく)やキャリアチェンジをすることは簡単(かんたん)なのでしょうか、難(むずか)しいのでしょうか?調べたところ、日本では特に、正社員へキャリアチェンジ・転職(てんしょく)は難(むずか)しい傾向にあるようです。
今回はなぜ日本では、キャリアチェンジ・転職(てんしょく)が難(むずか)しい傾向にあるのかをお伝えしたいと思います。

根強(ねづよ)く残っている新卒(しんそつ)を採用して正社員に育てるという考え方

日本の企業の根底(こんてい)にあるのは「正社員は新卒(しんそつ)で採用して育てるもの」という考え方です。
この考え方は50年以上にわたって続けられる日本独特の習慣(しゅうかん)であり、高度経済成長を支える力として一定の成果を上げてきました。現在では労働(ろうどう)に対する意識(いしき)も大きく変わり「新卒(しんそつ)を採用して正社員に育てる」という方法にこだわらない会社も増えてきているものの、大企業を中心にこの考え方はまだまだ根強く残っています。

対処法としては若い企業、採用に対する考え方が幅広い企業への転職(てんしょく)を狙いましょう。 「新卒(しんそつ)を採用して正社員に育てる事」にこだわるのは大手企業や昔から続いている企業が中心なので、若い企業や時代に合わせて変化している企業であれば正社員の転職(てんしょく)に否定的ではありません。

正社員を雇用(こよう)するリスクが高い

正社員というのは一度採用(さいよう)してしまうと簡単(かんたん)に解雇(かいこ)することができません。
これは労働者を保護するため身分が法律によって厳密(げんみつ)に保護されているからで、一度正社員として採用(さいよう)したら合理的な理由がない限り企業の一方的な都合だけで解雇(かいこ)するのは困難です。面接で話していた能力が期待通りに発揮(はっき)されなかった場合でも能力不足を理由にした解雇(かいこ)は簡(かん)単(たん)にはできません。
労働者にとっては身分が保証(ほしょう)されている正社員という働き方は大きなメリットですが、企業から見れば正社員を雇用(こよう)するというのはリスクを抱え込むのと同じ意味を持ちます。解雇(かいこ)のしにくさがリスクとコストを押し上げてしまい、結果的に正社員への転職(てんしょく)を難(むずか)しくしてしまっているのが現在の日本における転職(てんしょく)市場の現状です。

正社員への転職(てんしょく)が難(むずか)しい理由は、正社員は退職者(たいしょくしゃ)が出にくいから

転職(てんしょく)をする際に、正社員で働きたいと希望する人が多いです。
しかし、現実的に一度正社員として採用された人が退職するのが少ない為、その枠に空きが出にくいという状況が多く見られます。正社員として入社出来ると、保障が充実していたり、休日が十分であったり、ボーナスが支給されたりと優遇(ゆうぐう)されることが多いことが理由です。そのため、一度採用された人が退職を希望するというのは、意外と少ない傾向にあります。

また、派遣(はけん)社員などの採用が多くなってきた中、仕事ぶりや熱意(ねつい)が伝わり、そのまま正社員に移行するといった形も結構見られるようになりました。そのため、自分が他の職場に転職(てんしょく)するとなっても、求人がないといった状況が作り出されているのが一番の原因であると考えられています。

いかがだったでしょうか?
日本では転職(てんしょく)がしにくい傾向(けいこう)にあるみたいですね…。資格や、特化(とっか)した能力を身に付けておくと、転職(てんしょく)に有利になるかと思います!今後転職(てんしょく)がしやすい環境(かんきょう)になっていくとよいですね!

投稿者:Narumi

2016年10月05日更新