日本で働くことに対する外国人の印象

「日本で住みたいけど、働くのは・・・・」

一般社団法人日本国債化推奨協会が行った「日本で働くことについての調査」によると
日本で働くことについて、「非常に魅力的」と回答した外国人は4.3%。「やや魅力的」と回答した外国人は17.7%であった。

日本企業に対するイメージで最も「賛成」とされたのが、

  • 「序列が強い」(非常に賛成66.5%やや賛成29.4%

他には、

  • 「男性支配」(同63.9%、28.9%)
  • 「固い」(同50.6%、41%) 
  • 残業が多い」(同57.8%、32.2%)

等、悪いイメージに「賛成」の声が多くなっている

日本に来ているのは観光のため?

日本に来ている外国人の人数は世界で16位。アジアで6位と悪くはない数字である。
しかし、その来ている外国人の目的としては、観光がほとんどであり、留学のために訪れている、という人の数は少ない。
そのため、将来的に日本が外国人を多く受け入れる、という姿勢に変わったとしても、そもそも優秀な外国人は日本で就職する気はなく、外国人の日本での就職数は増加しないのではないか、と考えられる。

何をすべきか

社内にマイナス面がある企業であれば、まず、その対策に当たってもらい、日系企業の中であっても、きちんとそのような問題に対して対応している企業は存在しているはずであり、全ての企業がそうではないことを、きちんと外国人に対して知らせる必要性はあるかしれない。

参照元:http://www.jnto.go.jp/jpn/statistics/visitor_statistics.html
http://www.j-cast.com/kaisha/2016/02/08257359.html?p=all

投稿者:NSA staff

2016年12月23日更新