日本で家を借りるにはどうしたらいいの?

こんにちは。
日本での就職や就職活動をおこなう時に、困ってしまうものの一つに住む場所が見つからないということがあります。
今回は日本で住む場所を借りるときに気を付けなければいけないこと、必要な書類などをご紹介します!

日本で家を借りる

日本で家を借りるには

日本で家を借りようと思った時、国籍に関係なく「入居審査(にゅうきょしんさ)」に通る必要があります。入居審査というものは、この人は身元がハッキリとしていて、お金を稼ぐ力があり、きちんと 家賃を支払ってくれる能力があるかどうかを調べるために行なっています。たとえ日本人であってもこの基準をきちんと満たさなければ家を借りることはできません。しかしまだ まだ日本では日本人よりも外国人の方がこの審査にとおりにくいようです。

必要な書類は?

まず、外国人が日本で家を借りるときに「在留資格(ざいりゅうしかく)」が必要です。日本に入国、滞在」することがゆるされている証明書です。各都道府県の入国管理署で申請しているはずですので皆さんは持っているはずです。
違法に入国していない証明として「在留資格認定証明書(ざいりゅうしかくにんていしょうめいしょ)」の提出が求められるので準備しておきましょう。
不動産によっては一緒に「在留カード」の提出が求められることがあります。

お金を稼いでいる証明が必要!

日本人でも同じですが、きちんと家賃を支払うことができるのかを確認するために「就労証明書(しゅうろうしょうめいしょ)」または「内定証明書(ないていしょうめいしょ)」が求められることがあります。
求められたら会社に発行してもらい、不動産会社に提出しましょう。きちんとお金をはらうことができることを証明できなければほとんどの不動産で審査は通りません。

連帯保証人が必要

日本では家を借りるときにほとんどの不動産で「連帯保証人」が求められます。それも日本の知り合いでなければならないことが多く、外国人には大きな負担です。なぜ日本人でなければいけないのかというと、なにか困った時に日本語で対応できる人がいなければ不動産が困ってしますからです。最近では、「連帯保証会社」という連帯保証人の代わりをしてくれる会社がありますので、日本人の知り合いがいないときは連帯保証会社を保証人として認めてもらえる不動産を探してみましょう。

日本語がしゃべれるか

審査の条件に、日本語をしゃべることができて不動産や大家さんときちんと意思の疎通ができることというものが有ります。これもなにか困ったことが起きた場合にお互いの言いたいことが相手に伝わらなければ困ってしまうからです。日本で家を借りるためには最低限日本人と会話できるような日本語能力が求められます。

もしも条件が合わなかったら?

日本で家を借りるには条件がたくさんあります。日本語能力などどうしても家を借りることができないときはシェアハウスを利用するといいでしょう。シェアハウスでは様々な国籍の外国人が共同生活を送っているため、日本での苦労話や情報収集もおこなえます。また、会社によっては寮を準備している企業もあります。会社の寮を利用するのも一つの手です。

まとめ

いかがだったでしょうか?
家をかりること一つをとっても自国とは違うルールがあります。必要な書類や準備するものをしっかりと用意して必要な時に困らないようにしましょう。

投稿者:NSA Staff

2017年03月18日更新