日本の企業が外国人留学生にここをがんばってほしいと思っているところは?

Korean|韓国語の記事はこちら

こんにちは。
早いところでは採用活動がスタートしています。
そんな中でよく聞く言葉が「全然内定をもらえない」というもの。
留学生というだけで、日本ではまだまだ大きな障害が前に立ちはだかることが多いようです。では、留学生の皆さんがどのように内定にこぎつけるのか。それは、日本の企業が留学生に期待していることをよく理解するということです。

企業が留学生に求めていること

企業は外国人留学生に日本語の能力を求めています。グローバル化が進んでいるとはいえ、まだまだ日本企業のフィールドは日本の国内が主流です。そのため、主に使われるのは日本語でのやり取り。お客様へのメールや電話での対応や、訪問先での敬語の使い方など、日本語の能力が求められる場面が数多くあります。
留学生からよく聞かれる話で、「日本語が難しい」というものがあります。しかしながら、日本の学校を出て、日本の企業に就職するからには日本語を無視するわけにはいきません。 留学中に是非日本語の勉強をしてみてください。留学生同士でのコミュニティだけでなく、日本人ともコミュニケーションをとってみましょう。接客のアルバイトをするだけでも大きく違います。まずは話してみること。どんな言語でも覚えるためには大切な手順です。
そして、余裕ができたら是非日本語検定を受けてみてください。最低でも2級、できれば1級の資格を持っていれば、日本の企業もあなたに興味を持ってくれます。

次に、日本での働き方について理解してください。
日本の企業には、海外にはない独特の文化があります。みなさんから見ると悪い習慣が根付いていると見えることもあるでしょう。しかし、そういったものを含めて日本の企業は成り立っています。留学生を採用しようとしている企業は留学生のみなさんのことを理解しようと様々な取り組みをしています。けれども、まだそれは完全ではありません。留学生側も日本の企業での働き方を理解して受け入れましょう。 日本はその場の「和」を大切にします。和、つまり雰囲気がとっても大切です。その雰囲気を乱されることを特に嫌います。相互に文化を理解できていないことが「働きにくさ」を生み出します。そういった意味でも、日本人の友達やインターンシップそして、アルバイトなどを通じて理解を深めてみましょう。

新卒のカードは大事につかう

日本では海外とは違い、新卒の採用が積極的に行われています。 その理由は、同じ時期にたくさんの新入社員を迎えることで一斉に同じ教育ができ、「会社の色」に染めることができるからです。ここで大きく海外と違う点は、日本の企業は学生になにも求めていないということ。大学での授業で学んだことも、これまでの生活で手に入れた技術も含めた学生の個性に焦点は当てられません。みんなに同じような教育を施し、新入社員研修を行って基礎の基礎から教え込むのです。
だから、留学生のみなさんもこの新卒のカードは大切に使いましょう。言葉の壁や技術に対するハードルが最も低いのが、この新卒のカードを切るときです。中途入社では採用人数も少なく、より高い能力が求められるため狭き門になります。採用人数の多い新卒採用の方が、はるかに入社しやすいのです。

まとめ

日本の企業に様々な対応を求めるよりも、留学生の皆さんが日本の文化を知り、それに合わせた動きをする方がはるかに簡単です。何より、日本の企業もどちらかと言えば留学生が日本を理解してくれることを求めています。
日本語と日本の文化を理解して、内定を手に入れましょう!

投稿者:NSA Staff

2017年01月23日更新