日本人とおなじ選考を受けるのは不利

こんにちは。
皆さんはどのように会社の選考を受けていますか。
日本人と同じ選考フローでしょうか?
でもそれはなかなか大変でとっても努力がいるんです。

選考で不利?

理由1「日本語の壁」

日本人と同じ選考ではやはり日本語の壁が大きくそびえたちます。
初期の選考でよくあるものが「グループディスカッション」や「ワークショップ」です。これは学生同士がかくテーマについて議論をするものなのですが、お互いがむずかしい言葉を使うため、ネイティブに話せないとハードルが高く感じるようです。
とくにディスカッションでは言葉がわからないとしゃべることも出来ないため不利になってしまうようです。

理由2「日本の常識」をしらない。

日本では就職活動と言えば“白黒のリクルートスーツ”です。
マナーとして「スーツ」と言われれば白黒のリクルートスーツですし、「私服」と言われればビジネスカジュアルです。
私服と一口に言われても、何故その服装をするのか、相手がどんな意図をもって私服を指定するのかを考えなければいけないからです。

例えばネクタイ一つとっても業種や会社の雰囲気にそった柄や色でなければいけませんし、女性の髪形も会社に合うものでなければならないという暗黙の了解(マナー)があるからです。また、女性は必ず化粧をしなければならないという決まりもあるので、「日本人的な当たり前」を知らないというだけで不利になってしまうんです。
とくに自国の「常識」をうたがわなければ調べることもしませんので感覚的に調べることをしないと「マナーが無い人」として落とされてしまうことがあるようです。

理由3「ライバルが日本人」

基本的に日本でおこなう選考フローは日本人のためのものですので、日本人と同じ土台で戦うことになります。

例えるのならば
「水泳コンテスト」に参加したら実はバタフライ(butterfly)の大会で、自分は平泳ぎ(Breaststroke)しかできない状態です。バタフライ(butterfly)と平泳ぎ(Breaststroke)。どう考えても平泳ぎが不利ですよね。
日本人向けの選考を受けるということはそういうことなんです。そもそもの前提が違うため、難しく感じてしまうんですね。というか、無理ですよね。

もちろんそれらをクリアできればとっても優秀であるという証明になるのですが、なかなか厳しいのが現実です。ですので「日本の就職活動はむずかしい」し「同じ選考を受けるのは不利」なんです。

留学生のための選考フロー

そこで留学生のための就職活動支援をしているサイトや、留学生のための選考フローを利用することをオススメします。留学生ようの選考フローでは難しすぎる日本語や日本独特の選考をおこなわず、留学生に配慮した面接が行われます。

また就職支援サイトでは日本の常識から教えてもらうことが出来ます。日本人とは違う土俵で、しかもサポートを受けながら就職活動ができるので一人で就職活動をするよりも圧倒的に有利です。

まとめ

いかがだったでしょうか。
「日本の就職活動はむずかしい」のはある意味当然です。日本人が日本人のための選考を行うために準備したものですからある意味当然ですね。
自分の常識をいちいち疑うのも大変ですし、思いもしないところで自国とは違うところが出てきます。
本当に不利で大変ですので心が折れてしまうのも当然といえるでしょう。「自分はダメだ」と思わず、専門のサイトを頼るのもいい方法です。
なにか困ったことがあればお気軽に当社のスタッフに相談してみてください。

投稿者:NSA Staff

2017年05月21日更新