日本企業の給与(きゅうよ)の平均(へいきん)は?

German|ドイツ語の記事はこちら
Korean|韓国語の記事はこちら

みなさん、こんにちは。
就職活動の時、給与がどのくらいなのか、気になりますよね。
そこで、今回は、日本企業の給与(きゅうよ)についてお話ししたいと思います。

日本の年代別平均年収

年齢 給与 年収
20~24歳 20万円 328万円
25~29歳 24万円 389万円
30~34歳 28万円 452万円
35~39歳 32万円 513万円
40~44歳 35万円 575万円
45~49歳 40万円 649万円
50~54歳 43万円 688万円
55~59歳 41万円 658万円
60~64歳 29万円 467万円
65~69歳 26万円 423万円

こちらは年代別の給与・年収を比較したものです。
年収はボーナスも含めた計算になっています。男性女性の統計になります。
日本の年収のピークは50~54歳の688万円になっていますね。
これには勤続年数も関係してくると思います。

日本の大卒院卒・短大卒・高卒の給与差

年齢 大卒・院卒 短大卒 高卒
男性平均 40.3万円 30.9万円 28.8万円
20~24歳 22.2万円 20.0万円 19.4万円
25~29歳 26.0万円 23.1万円 22.4万円
30~34歳 31.4万円 26.0万円 25.2万円
35~39歳 37.2万円 29.5万円 27.9万円
40~44歳 43.1万円 33.7万円 31.1万円
45~49歳 50.7万円 37.5万円 33.4万円
50~54歳 54.4万円 40.9万円 34.8万円
55~59歳 52.2万円 39.6万円 34.3万円
年齢 大卒・院卒 短大卒 高卒
女性平均 28.8万円 25.3万円 20.8万円
20~24歳 21.5万円 19.6万円 17.6万円
25~29歳 23.9万円 22.1万円 18.9万円
30~34歳 27.1万円 23.5万円 19.8万円
35~39歳 30.0万円 25.0万円 20.5万円
40~44歳 35.0万円 26.9万円 21.8万円
45~49歳 38.1万円 28.1万円 22.1万円
50~54歳 39.9万円 28.7万円 22.5万円
55~59歳 37.6万円 28.5万円 22.0万円

大学・大学院卒、短期大学卒、高校卒でのそれぞれの年代別の給与を男女で比較してみました。この値は、厚生労働省の調査に基づいたものです。
大学卒と高校卒では年代が上がるごとに、給与の差が開いていくのがわかりますね。

都道府県別平均年収

順位 都道府県 年収
1位 東京 580万円
2位 神奈川 525万円
3位 愛知 518万円
4位 大阪 498万円
5位 滋賀 484万円
6位 京都 474万円
7位 兵庫 474万円
8位 静岡 468万円
9位 埼玉 468万円
10位 千葉 465万円

都道府県別の年収平均の上位10位までの資料です。
やはり首都圏や関西地域がほぼランクインしていますね。
首都圏や関西地域は物価が高いということもあり、その分給与も高くないと生活が難しいということもあるので、一概には給与が高いから裕福な生活とは言えないかもしれませんね。物価のみならず、地域性もあわせて考えることが大切です!

いかがだったでしょうか?
日本企業の給与は年代・学歴や職歴・地域によって変化があることがわかりますね。就職活動の時に参考にしてみてくださいね!

投稿者:Manami

2016年11月01日更新