日本独自の雇用システム「新卒一括採用」ってどんなもの?

日本の新卒一括採用は、他の国では類をみない、まれな雇用の仕組みだといわれます。高校や専門学校、大学を卒業する予定の学生、いわゆる新卒者だけを対象にするシステムとなっており、特に大学生は在学中から活動を行い、内定を得る必要があります。一方、企業は学生に内定を出して社員を確保し、卒業後すぐ入社させ、社員として勤務させることがほぼ「ならわし(注1)」となっています。グローバル化が進む昨今、雇用システムにおいては日本独自の新卒一括採用が続くのはなぜなのでしょう。

日本にマッチした雇用システム「新卒一括採用」

長きにわたり、日本の雇用では「終身雇用」が前提とされてきました。企業が新入社員を教育し、定年退職(注2)するまで、ずっと企業が社員を世話をし続ける(手助けしてくれるということ)続けるというものです。企業側が長い間世話をみてくれるかわりに、若いうちは低い報酬で雇用し、時間をかけて社員を教育します。

会社に勤務し続ければ、給料も上がっていく「年功序列(注3)」も、急成長の経済状況があり、定着していったのです。つまり、新卒一括採用は日本のビジネスにおいて実に便利なシステムだったといえるでしょう。

新卒一括採用のメリット

年功序列で給料が上がるのですから、社員の入社時期が同じだと採用年度ごとにグルーピングすることも容易です。面接や試験の実施や人事評価など、コストや手間を最小限に抑えることにもつながります。

また、一定期間に多くの人材を見ることができ、アプローチもできるわけです。優秀な人材を前もって確保することも可能になります。若くて、経験があまりない新卒者を採用することで、自社のカラーに染めやすくもあります。先入観もなく、素直であるため、社風や組織のルールになじみやすい傾向も。

デメリット

日本の雇用システムに合っていて、メリットもある新卒一括。ですが、採用の時期が限定され、決まった時期にしか行われないことでさまざまなデメリットがあります。

・タイミングがずれたら、応募できない

「新卒」とはもはやブランドのようなもの。卒業年次に内定を得られなければ、新卒の肩書きはなくなってしまいます。どんなにスキルを持っていても、応募の機会を逃せばテストすら受けられないのです。

・やり直しがききにくい

ポテンシャル重視の新卒の就職活動に失敗すると、ほぼ中途採用と同じ扱い。中途採用はスキル重視の面が大きく、厳しい道のりとなってしまいます。

・景気の影響を受けやすい

好景気であれば採用枠も増えますが、不景気の場合は有効求人倍率も低くなってしまいます。自分が新卒の年次の景気の動向で、採用活動の成否が左右される不公平感はいなめません。

・在学中の採用活動を重視すると、学生の本分であるはずの学業に集中できない

就職でよりよい成果を生むため、面接対策のために勉強そっちのけでインターンシップやボランティアなどに取り組む学生もいます。
また就職戦線が本格化すると、大学へ行く暇も惜しんで入社試験や説明会に出なければならないことも。このような状況は、学問を追究するべき大学生の本分をはたしているとはいえないのではないでしょうか。

おわりに

日本の企業社会で、長い間取り入れられてきた新卒一括採用。しかし、社会の変化や優秀な人材の確保、外国人人材の採用など、日本の雇用も転機を迎えつつあります。通年採用(注4)も含め、システムの見直しが求められています。

注1.これまでの習慣となっていること。しきたり。ならい。風習。 「毎月一回集まるのが-だ」 「世の-」
注2.ある一定の年齢に達したら、退職すること。日本の多くの企業は60歳~65歳で「定年退職」します
注3.会社で働く年数や年齢が増えるにつれて、会社でのポジションや給与が上がること
注4.一年中、採用をおこなっていること。グローバルスタンダードな採用方法

投稿者:NSA Staff

2018年04月20日更新