日本的気づかい・空気の読みかたマニュアル!

こんにちは。
留学生の皆さんが日本に来て一番困ると感じることはなんでしょうか?
言語?食事?それとも文化の違いでしょうか。

日本では場の雰囲気をとっても大事にします。そして、言わなくても分かるよね?といった暗黙の了解も数多くあります。だから、そんな「何だかわからないけど自分は失敗してしまったみたい」という留学生の皆さんのために、今回は日本で気を付けるべき空気の読みかたの一例をご紹介したいと思います!

日本で気を付けるべき空気の読み方

日本人的話し方

まずは基本的な話の仕方から!
日本人の多くは過程よりも結果を重視します。ですからビジネスの会話は簡単で、わかりやすくまとめた話をしなければなりません。
例えばあなたが何か仕事を失敗したとしましょう。その結果を上司に報告しなければなりません。皆さんはどのように報告しますか?

「部長。○○のプロジェクトですが、この前のミーティングではこのまま進めるのは難しいかもしれないと報告していましたが、三日前に連絡した時に考えてみると言われて、一昨日細かいところを再度詰めて、でも昨日やっぱりこれ以上進めることはできないと言われて、○○のプロジェクトは廃案になりました」

こんな風に説明したら、日本人の上司は間違いなくイライラします。結局クライアントとの交渉が失敗したのならば、過程であなたがどれだけ努力していようが無意味だからです。もちろん、失敗した理由などの報告は必要ですが、上司の貴重な時間を使っているのですから報告は簡潔に

「部長。○○のプロジェクトですが、交渉の甲斐なく昨日廃案決定の連絡が来ました」

という風に結果だけまず伝えましょう。その後上司にどんな交渉をしたの?とかなんで失敗したの?と聞かれた時だけ自分が取り組んだことを報告すればいいんです。
次に話しかけるタイミングです。留学生の皆さんはついつい話したい相手が忙しそうでも誰かと話している途中でも自分の話を聞いてもらおうとしてしまいがちです。
でも待ってください。あなたは今暇でも上司は今手が離せない状態かもしれません。一見和やかに雑談しているように見えて、実は重要な報告をしている最中かもしれません。
ですから上司に話しかけるタイミングは上司が誰とも話をしていないときに、「今お時間よろしいですか?」とワンクッション入れてから話し始めるようにしましょう。特にたくさんの案件を抱えている上司はあなただけにかまっている時間はありません。もっと重要度の高く緊急性の高いお仕事をしている可能性があるのですから。

気づかい?部下や年下としてのふるまいって?

さて、前にもいったように、日本には言わなくても分かる「暗黙の了解」というものがあります。それが「気遣い」というものに繋がるんですね。
例えば一緒に営業に出るとき、使う資料を上司が持とうとしたとします。その時すかさず部下であるあなたが、「先輩、それ自分が持ちます!」と声をかける。これが日本人としての「当たり前」なんです。

さて、営業先につきました。営業先の会社は4階にあります。あなたたちはエレベーターで会社に向かおうとしますよね。そんな時、エレベーターの開閉ボタンや行き先ボタンを押すのは部下であるあなたの仕事です。上司に手間になる仕事をさせない。それが日本人的「気遣い」です。
さあ、営業先の会社につきました。会議室に通されてあなたの前にはお茶が出てきます。あなたはのどがカラカラです。でも一気に全部飲み干してはいけません。いただきますと言って一口。そして湯呑を置きます。以降はのどが渇いたときに一口ずつ飲みましょう。でもお茶に手を出すタイミングは考える必要があります。重要な話をしているときは絶対に手を付けてはいけません。
ちなみに、就職活動などの面接時に出されたお茶は面接官がどうぞというまで手を出してはいけません。その時も一口だけ。以降は手を付けてはいけません。

それでは営業が終わりました。帰り道、あなたはのどが渇いたとします。上司に「ちょっとお茶買ってきますね」と伝えてあなたは自動販売機に向かいます。あなたは何本の飲み物を買いますか?答えは2本です。あなたの分と、上司の分と。あなたがのどが渇いているのなら、上司だってのどが渇いているんです。自分の分だけでなく、相手の分も用意する。それが鉄則です。 さあ会社に帰ってきました。営業が上手く行ったことにほっと一息。そんな時に別の営業に行ってきていた先輩が社内に帰ってきます。
「すみません。ちょっと荷物が3つあって、どなたか運ぶのを手伝っていただけませんか?」
「じゃあ行きますよ」とすかさずいったのは別の先輩とあなたと一緒に営業に行った上司です。しかし「二人が行くなら自分は良いな」とは思ってはいけません。これは後輩で部下であるあなたが動かなければいけない場面なんです。ですからあなたは立ち上がり「自分が行きます」と声をあげないといけません。ほぼ100%の確率で、上司が「ならお願いね」とあなたに荷物運びの仕事を任せます。

最後に

めんどくさいなんて思ってはいけません。どんな小さなことでも上司や先輩に対して自分がやります!というスタイルで「日本人的気づかい」を行わなくてはいけません。
この日本人的気遣いはまだまだたくさんあります。この機会に色々学んでみるのもいいかもしれませんね。
マナー本など沢山発売されています。NSAでも皆さんに教えられることが沢山ありますので、是非お気軽に連絡をしてきてください!

投稿者:NSA Staff

2017年02月26日更新