業界別!服装のちがいは?

こんにちは 。
日本の就職活動はみんな同じ服を着て気持ち悪い!そんな印象を持っている留学生の方も多いのではないでしょうか?

でも実は、同じように見える「リクルートスーツ」も業界によって分けられていたりするんです。

今回はそんな「同じリクルートスーツなのに違う」留学生の皆さんから見ればちょっと異質に思えるかもしれない服装についてご紹介します。

同じように見る「リクルートスーツ」実は!?

とっても固い服装で!

一番服装に厳しいのが銀行、ホテル業界です。
男性の髪型は耳周りを出し、前髪を短くまたはアップしたもの。顔がハッキリと見えるものが好まれます。
女性の場合ヘアスタイルはきっちりとまとめたポニーテールです。
顔回りが髪で隠れないように、おくれ毛はピンで留めます。前髪がある人は、サイドに流してピンで留めるかスプレーで固定して、面接でお辞儀をした時に邪魔にならないようにします。ヘアピンも外から見えないようにとめます。ヘアゴムは外から見えないように一房髪を余らして結び目部分に巻き付けます。

男女どちらも無地の黒か紺色のリクルートスーツ。
男性は黒の「内羽根」革靴に黒いベルト。ネクタイの柄は小柄で落ち着いた色のものを。バッグは黒の自立型のものにします。
女性はパンツスーツではなくスカート姿で、長さは膝がすべて隠れるもの。ストッキングは肌色で靴は3~5センチくらいのヒールのパンプスをはきます。ストラップ付はNGです。バッグは黒色で自立する地味なものを選びましょう。

いわゆる一般的な就活スタイル

メーカーや製造業、製薬会社などがこれに該当します。一番就活生で多いのがこのスタイルです。
男女ともに黒、紺、グレーなどのスーツならOKです。
男性の髪型は襟足や耳に髪がかからないのが理想です。前髪も長すぎると印象が悪くなってしまう為、切るかワックスで固めましょう。
女性の髪形はハーフアップやポニーテールなど自分でアレンジしてもOKです。でも凝り過ぎたものではなく、シンプルに。お辞儀をした時に顔が隠れないよう前髪やサイドの毛は留めておきます。

男性のネクタイはチェック柄で華やかな印象を与えるものを。季節感の無い色やピンク、紫のものは避けましょう。また、大柄なストライプや水玉などはいい印象を与えません。バッグは自立型が良いですね。ベルト黒色ですがバックルに少しこだわってもOK。靴は黒い革靴にしましょう。
女性の場合はタイトスカートが無難ですが、台形スカートやパンツスーツ姿でもOKです。バッグはA4ファイルが入る黒い自立するものを。靴は3~5cmくらいの黒いパンプスが無難です。ストラップがついていても大丈夫です。

少し緩いスタイルで

アパレルやIT業界はもう少し柔軟な服装でもOKです。
スーツは男女ともに紺やグレーで、無地でなく縞模様が入っていても大丈夫。ただし、インナーはシャツタイプのものにしましょう。
男女ともに髪型は一般的な就活スタイルから外れないものですが、スプレーよりもヘアピンで留めているイメージの方が強いでしょうか。
バッグは男女ともに自立する黒いものならOKです。

まとめ

いかがだったでしょうか?
見た目よりも中身!と言いたいところですが、見た目は印象を大きく操作します。
細かすぎると思う人もいるかもしれませんがここで変に個性を出すよりも、あなたができることを言葉でアピールする方が建設的です。
わからないことがあったらいつでもNSAスタッフが相談に乗りますよ!

投稿者:NSA Staff

2017年04月07日更新