業界研究①飲食業界の魅力

みなさん、就職活動で自分の行きたい会社を決めるにあったって、「この仕事は絶対楽しい」や「この仕事は大変そう」など勝手に決めつけてはいませんか?もしもそのイメージと現実に差があったなら、働いていくにつれて「こんなはずじゃなかった…」と後悔することになってしまいます。
悔いのない就職活動にするためにも、以下3点を押さえておきましょう。

①行きたい企業が含まれる業界について
②その企業では、どんな仕事ができるのか(募集職種だけでなく仕事内容も)
③その企業、もしくはその業界のキャリアパスについて

ちなみにあなたは、今回の記事のテーマである”飲食業界”にどんなイメージを持っていますか?働き方は想像できますか?キャリアパスはどんなものがあるでしょう? 今回はこれら飲食業界についての疑問を一緒に解決していきたいと思います。

飲食業界とは

そもそも飲食業界には、読んで字のごとく私たちの食に関わっている企業が全て入ります。
マクドナルド(ハンバーガー)や吉野家(牛丼)、ワタミ(居酒屋)やサイゼリア(ファミリーレストラン)、スターバックスコーヒー(カフェ)などはもちろん、回転寿司のお店や焼肉店、カレー屋さんや、デリバリーピザ店も”飲食業界”の企業です。
「どれも利用したことがない」なんて方はいないのではないでしょうか?私たちにとって一番身近な業界とも言えると思います。

飲食業界でも「食の提供」だけが目的ではない

企業が「食」に取り組むにあたって大切にしているものは様々です。

◆「医食同源」を元にお客様の健康に寄り添った食事の提供を目的としている企業。
◆「地産地消」を掲げ、地域とのつながりや日本国内の第一産業を大切にしている企業。
◆「和食文化」の発展に寄与し、日本の文化として本物の和食を世界中に広げることを目的としている企業。
◆「解衣推食」に重きを置き、お客様のニーズ:スピード・コストパフォーマンス・居心地の良さなど、より良いサービスを目指す企業。

など同じ飲食を商いとして居ても様々な目的や理想があります。飲食業界が目指す将来は、食の提供だけでないことは企業を調べることによってよく分かります。

どんな仕事があるのか

飲食業界の仕事は他の企業と同じく様々です。企業によっては、変わった職種を募集している会社もありますが、ここでは代表的な職種を紹介していきます。

  • 商品企画…

    お客様の動向や流行を調べ、それをもとに商品のアイデアを出す

  • 商品開発…

    商品を実際に開発したり、実際に工場ではどういう流れで作るかなどを考える

  • 仕入れ…

    トレンド分析や食材の仕入に関する交渉、買い付けを担当

  • 店舗開発…

    店舗を出店するために、出店場所の候補となっている不動産(物件)の調査から、開店までの工程を管理する

  • 経営企画…

    会社の課題を分析したり、これからどのような戦略で事業を行っていくか考え、実行します

  • 人事…

    会社の採用業務(新卒採用や中途採用など)を担当します

  • 店長職…

    受け持ったお店の最高責任者としてアルバイト採用や教育、売上・原価管理、販売促進企画等、 店舗の経営全般を任されます

  • ストアコンサルタント職…

    いくつかの店舗を同時に監督して、各店舗の課題発見とその改善に努めます

  • トレーナー職…

    自社に所属する店長の指導や、新店舗開店のためのトレーニングなどを受け持ちます

  • スーパーバイザー職…

    グループ会社やその店長に対する指導をします

  • マーケティング職…

    どうすれば売上が上がるかや、自社の商品に対するお客様の関心が高まるか戦略を立て実行します

  • 海外スタッフ職…

    海外で新しいお店を開くために、現地の方々と交渉します。出店できることになれば、お店が開くまでの全面的なサポートを行う場合もあります。

他にもたくさんあります。

キャリアパスについて

飲食業界のキャリアパスも企業によって様々です。
ただ、管理職は他企業と同じように、経験を積んでからのようです。また、前述したトレーナー職やスーパーバイザー職など他の人にアドバイスする職種も、他の職種で経験を積み、認められた人が任命される傾向があるようです。

私たちにとって無くてはならない”飲食業界”。あなたも”飲食業界”で働くことをを考えてみてはいかがですか?

投稿者:Kurena

2016年05月12日更新