私服OK=オフィスカジュアルのこと?許される基準について

ビジネスの場において、定番となっていたスーツ。しかしこのところ、企業の説明会や面接などで「私服OK」「服装自由」と書かれていることもあります。とはいえ、私服といってもほんとうの普段着はNGです。いわゆる「オフィスカジュアル」が求められてはいるのですが、では「オフィスカジュアル」とはどんな服のことなのでしょうか。

基準があいまいなオフィスにおける「私服」

ビジネスにおける私服とは、オフィスカジュアルのことなのですが、実はこれといった定義や線引きがないあいまいな基準となっています。企業風土や体質、業種などによってケースバイケースのことが多いのです。一般的には、次のような点が重視されます。

  • スーツほど堅苦しくはないけれど、やはりビジネスにふさわしい服
  • 派手すぎず、シンプルなもの
  • 清潔感があり、周囲の人に不快感をあたえないもの

つまり、「私服で来てもいいから」といわれて、友人と遊びに出かけるような服を選んではいけないということになります。またサンダル履きにスウェットやデニムといった、部屋着も当然NGです。

どんな服をきていけば無難なの?

男女別に、注意するポイントを考えてみましょう。

男性の場合

ジャケットは必須です。なるべくスーツと同じようなかっちりとした素材を選びましょう。シワがつくと、ルーズな印象を与えてしまうので、シワがつきにくい素材のジャケットがよいでしょう。色は黒やネイビー、ダークグレーが無難です。

ジャケットの中身は、襟のあるシャツを着用します。こちらもしわになりにくく、なるべくなら長袖がベターです。ネクタイはなくても大丈夫ですが、その場合はボタンダウンなどを選び、だらしなくならないように。パンツはジャケットと色が異なるもので、プレスの効いたフォーマルな印象のものを選ぶことです。ジャケットより明るいライトグレーなどの色を選ぶと、軽やかな印象になりますね。靴はかっちりした革靴がいいでしょう。

女性の場合

男性よりは堅苦しくないコーディネートが許される傾向にある女性。それでも男性同様、スーツと同じようなしっかりしたジャケットはあったほうがいいです。インナーもノースリーブはやめて、肩のある半そでがいいでしょう。

スカートでもパンツでもかまいませんが、派手なものはひかえ、清潔感を優先します。靴は柄物やメタリック素材などはNG。爪が見えるようなミュールやサンダルもやめておきましょう。ヒールが高すぎる靴はあまりおすすめできませんが、ある程度のヒールがあったほうがきちんと見えます。黒や紺・グレーなどのシンプルな靴を選びましょう。

あまり考えすぎる必要はありませんが、カジュアルすぎると、だらしなくみえ、仕事のできない印象になってしまいます。清潔感を大事に、上品なきこなしを心がけるとよいですね。

投稿者:NSA Staff

2018年12月19日更新