終身雇用制度ってなに?外国人にも使える?

終身雇用制度(しゅうしんこようせいど)とは

終身雇用制度は、日本の雇用制度の特徴の1つです。
終身雇用制度とは、企業が正社員として採用した新卒者(しんそつしゃ)を定年(ていねん=65歳)まで雇い続ける制度です。企業は正社員が働きやすい環境を整え、たとえ経営が苦しくなっても解雇することができません。

終身雇用の歴史(れきし)

戦後(せんご)(1945年以降)、日本の経済成長が急激に高まりました。この急激な経済成長は世界でも稀(まれ)にみるできごとでした。そして経済の急激な成長により数多くの企業が生まれ、成長していきました。

その時、企業の大きな問題になったのが従業員の確保でした。
企業の規模を大きくすれば当然、従業員を雇う必要があります。日本は島国で移民(いみん)もいないことから、日本の人口資源は限られていました。この当時の日本は、戦争が終わったばかりで今のように留学生や海外労働者はいませんでした。企業が従業員を確保する場合は、単純に従業員の給与を増やすことです。そうすれば従業員の採用にも有利で、他社から優秀な人材の引き抜きもできます。しかし多くの企業がそんなことをすれば、給与を上限なく上げ続けることになり、企業の人件費コストは莫大になってしまいます。そこで考えられたのが、従業員の将来を安心させる終身雇用制度でした。

企業は従業員や、その家族を含めて死ぬまで面倒をみることで従業員と企業を長期的に一体化させることにしました。
そうすることで自社の労働者の確保、他社に引き抜かれることを防止したのです。さらに、終身雇用が広がるにしたがって、古くから働いている従業員は新たに採用された従業員よりスキルもノウハウも上であるのに、同じ給与では不満だという声が出たため、それを解決するために取り入れられたのが年功序列制(ねんこうじょれつせい)でした。年功序列制(ねんこうじょれつせい)については別の記事で解説しますので、ぜひそちらをみてくださいね!

外国人への影響(えいきょう)

https://careerpark.jp/615

こちらの記事から紹介します。
終身雇用制度(しゅうしんこようせいど)を希望する人は多いですが、現状はその制度を続けることが非常に難しく、制度がくずれはじめています。
もちろんまだまだ終身雇用制度を取り入れている企業はありますが、今後はさらに減っていくと考えられます。終身雇用制度ではなくなると、企業の中で上がっていくには自分の成果が重要となっていきます。

まとめ

これらのことを頭に入れて就職活動に向かうか、入れずに向かうかでは、かなり取り組む姿勢や社会人の方々への質問がかわってくると思います。今後日本の経済がどうなっていくのか、就職活動がどうなっていくか予想にづらいところもありますが、この機会にぜひ自分がどのように働きたいのかをよく考えてみてはどうでしょうか?

投稿者:Manami

2016年09月19日更新