自己分析って何?何をやっているの?

こんにちは。
自己分析。漢字が難しく感じますが、簡単に言えば「自分のことを知る」ということです。
就職活動をするときに「自分はなにをやりたいのか」「なにがとくいなのか」「なにをすることにむいているのか」を過去の自分から知り、未来に繋げていくことを目的として行います。「就職活動の軸」を決めるために就活生が行っています。
日本の企業は学生時代に何の勉強をしてきたのかを重要視はしません。だから、法学部を卒業した人がITの会社に入ったり、農学部を卒業した学生が不動産業界に行ったりと多種多様な就職活動を行なっています。

留学生の皆さんから見れば「なんで?」となるかもしれませんが、日本の就職活動は「そういうもの」なんです。
だから「自己分析」をして自分がやりたい仕事を探してみましょう!

自己分析って何?

過去の自分を知る

まずは自分がどんな人間なのか知り、どんな企業にむいているのかを探します。
学生時代に勉強してきた経験を聞かない企業は、それでは一体あなたのなにを知りたいと思っているのか。
それはその学生が

  • どんな人間で
  • どんな企業を求めていて
  • どんなふうに自社で活躍してくれそうか
  • ということです。

この三つの疑問に答えるためにまずは自分がこれまで行ってきたことを思い出します。

  • あなたはこれまでどんなことを頑張ってきましたか?
  • どんな時に褒められましたか?
  • どんな時にやりがいを感じましたか?
  • どんなことがすきですか?
  • 何を成功させましたか?
  • 何が失敗だと思いましたか?
  • あなたはどんなスキルを身につけられたと思いますか?

こうやって、自分が過去に何をやってきたのか。それがどういう結果になったのか。自分のどんな経験になって活かされたのか、活かすことができるのかをまとめます。

長所を知る

こうやって経験をならべていると、あなたはどんな時に成功してきたのでしょうか。どんな時にやる気が出ていたでしょうか。どんなことが好きでしょうか。何をせいこうさせてきたのでしょうか。
色々なものが見えてくると思います。
過去の出来事を通して、成功した時にあなたに共通して持っていたものがあるでしょう。
それがあなたの長所です。
例えば自分が何かのリーダーになって物事を進めら成功したこと。

どこにいってもたくさん友達ができること。
誰かに自分の行いを褒められた経験でも構いません。
なにか見つけ出してみましょう。
見つけた長所こそがあなたのアピールポイントになります。

やりたいことを志望動機に紐づける

こうして見つけたあなたの「長所」は「自己PR」につながります。
まずは自分が見つけた「長所」がポイントです。
自分の長所は○○です。この長所を生かして●●を成功しました。この○○という長所は御社の□□に活かしたいと思います。
という風に自己PRが完成しますね。
自己PRが完成したら自分はこんな仕事がしたいです。こんな長所があるので、こういう風にこの能力を活かしたいです。という風に志望動機も作ることが出来ます。

まとめ

いかがだったでしょうか?
自己分析は就職活動の第一歩です。あなたが本当にやりたい仕事探し、頑張ってください!

投稿者:NSA Staff

2017年04月13日更新