身に着けると得をする!?日本のマナー

Chinese|中文の記事はこちら
Korean|韓国語の記事はこちら

「就職」と「マナー」の関係

こんにちは!
日本で就職をしたい人も、これから就職を考えたいという人も、日本では「当たり前」とされているマナーがあります。マナーは、ほかの人と気持ちよく過ごせるためのものです。マナーを知っておけば、知らない人と仲良くなるのが簡単になるのでは!?

【名刺は大切に扱う】

名刺は、仕事のとき、面接のときはもちろん、社会人と食べたり、飲んだりしながら知り合うような懇親会(こんしんかい)や座談会などでも、もらうことがあります。
名刺を受け取るときは、両手で相手の目を見ながらもらいます。
名刺をくれた人にわかるところで、名刺に何か書き込んだり、折ったり、ポケットにそのまま入れないようにしましょう。財布や名刺入れの中に入れましょう。

【電車の中で電話をしない】

移動中に必ず使う電車。電車の中では出来るだけ電話をしないようにしましょう。
就職活動中だと、企業から電話がかかってくることが多いと思います。でも、電車の中で電話をしてしまうと、同じ電車に乗っている人にも迷惑ですが、実は電話をしている相手にも失礼となってしまいます。電車のアナウンスや、電車の振動の音が電話をしている相手に聞こえて、その音で会話がしづらくなってしまいます。
電車に乗っているときに、企業から電話が来たら、少し小声で、「すみません。今、移動中なので、○分後に折り返しお電話してもよろしいですか。」というように、今電車に乗っているということと、いつなら電車から降りて話ができるかを伝えて、できる限り素早く電話を切りましょう。
こうすることで、企業の方にも「配慮ができる人だな」と好印象を与えることができます!

【就職活動中はスーツがメイン!】

日本の面接、説明会や選考ではスーツが一般的です。
服装自由と書いてある場合も、ほとんどの人がスーツを着ます。それは、誰に対しても、清潔感や、誠実そうな印象を与えて、不快感を与えないからです。自分の個性を出して、好きな香水や髪型、服装、濃い化粧は、悪い印象を受け取ってしまう人もいます。私服で来てくださいと言われない限り、スーツを着用すれば、悪い印象を与えずに、自分の本来の良さをアピールすることができます。

まとめ

マナーは、相手と気持ちよく生活するためのものです。「自分がこうすれば、相手はどう思うか。どうすれば、相手にとって不快な気持ちにならないか。」を意識することは、大切です。意識しすぎて、ずっと緊張することはないですけどね!

投稿者:Nishii

2016年11月07日更新