面接で絶対聞かれる質問!

English|英語の記事はこちら
Chinese|中文の記事はこちら
Korean|韓国語の記事はこちら

こんにちは。
面接でどんなこと聞かれるのか不安ですよね。今回は面接で絶対に聞かれる質問三つをご紹介します!

面接で絶対に聞かれる質問3つ

自己紹介とは?

まず初めに「簡単に自己紹介してください」と投げられることがあります。そのときに注意するべき点は、自己PRと混同しないことです。自己紹介というものは話題のきっかけづくりをするために必要なものです。

・大学名
・名前
・専行や学業で頑張ったことを一言
・所属していたサークルやアルバイト経験などを一言で
・この企業の魅力を一言で
・「よろしくお願いします」といったあいさつ

を1分程度にまとめて話します。

この時に大切なことは3点あり

・このあと自己PRしたいことにからめたことを言う
・エントリーシートや履歴書にかいたことと食い違いがないようにする
・大きな声ではっきりという

という点に注意します。自己紹介なので長すぎてはいけません。あくまでもかんたんに説明するだけにとどめておきましょう。
また、「大学名とお名前をお願いします」と「自己紹介をお願いします」では聞かれている意味が違います。大学名と名前を聞かれたときは、それだけを応え、志望動機などは言わないようにしましょう。

志望動機

志望動機とは自分が何故他の会社ではなくこの会社に入ろうと思ったのかを話す質問です。
企業側は業務への熱意とその人が会社の方針と一致しているか、また学生の人柄を知るためにこの質問を投げ掛けます。

そこでおこなってはいけないことは

  1. 「人の役に立つことがしたい」「御社に感動した」という具体的ではない言葉です。なぜ当社でなければいけないのかがわからないため、落ちる原因になります。
  2. 「御社で〇〇を学びたいから」という会社を学校と間違えている発言はいけません。会社は何かを教えてもらう場所ではありません。自ら学ぶ姿勢を示して仕事をしていくことを求められます。
  3. 「給料や制度のことばかりを話す」確かに会社選びとしては重要なことではありますが、これを聞いてしまうのは働く意欲がないとみなされて落とされる原因になります。
  4. 「上から目線で話す」自分の脳力をアピールすることは悪いことではありませんが、やりすぎればマイナスの印象を与えてします。「わたしが入れば御社はもっと成長できます」等、根拠のない見栄をはるのは止めましょう。
  5. 「ここの地域が好きなので志望しました」はいけません。家が近いから恋人が近くにいるからという理由では何故当社を選んだのかが全く分かりません。近ければどこでもいいのか。転勤になったらどうするのか。面接官には不安しか抱かせません。

この5点です。この5点に注意して、自分がこの会社で何をしたいのかというビジョンを語りましょう。

具体的には

自分は○○に取り組みたいから御社を選んだ。なぜ取り組みたいと思ったのかと言えば△△ということがあったからだ。御社は◇◇ということに力を入れていると伺いました。だから私の目標と合うと思いました。
というように自分の将来のビジョン、それに至った経緯、企業を志望した理由を話せるように流れを作りましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。この3つの質問は必ずと言っていいほど面接の時に聞かれるものです。ポイントをしっかりと把握して、面接官にいい印象を与えられるようにがんばりましょう。

投稿者:NSA Staff

2017年03月19日更新