面接解禁!【一次面接の予約にはコツがある】

こんにちは、NSAインターンの田地です。
就活はよく情報戦と言われますよね。色々な選考ルートがあるだとかなんとか。実はこの情報戦、一次面接の予約の仕方においても知っている人と知らない人では差が生まれます。今日はそんなことで不利にならないように、私自身の就活体験から予約のコツをシェアしたいと思います。

サイトで面接を予約できるなら、1日の一番早い時間と遅い時間を死守せよ! ~初級編~

一次面接の予約は、ESやWEBテストをクリアした人に通知が来ますが、その方法には電話とメールの2通りあります。このうちメールによる通知なら、企業のマイページ上で今までのセミナーと同じように面接の予約をすることが99.9%です。

反対に電話で通知が来ると、そのまま電話で一次面接の日時を指定されます。最初に言われた時間帯が難しい場合は、同日内の次の時間帯、、と候補を挙げてくれますが、大体が11時~16時であることが多いです。電話予約をスムーズにするためにも、なるべく日中は空けられるように、サイト上の面接予約は行いましょう。

予約開始時間の10分~15分前にはログインせよ!

ESやテストの通過連絡メールが届くと同時に、一次面接の予約が可能になるケースがほとんどですが、時々、通過メール到着時ではなく、決められた時間に面接予約が解禁になるケースもあります。

そんな時は、解禁と同時にマイページサイトのアクセスが集中し、予約合戦になります。アクセスが殺到して制限され、ようやく繋がった時には予約可能時間がほぼ埋まっている、なんてこともよくあります。日数を置いて他の人のキャンセル枠を狙うことも可能ですが、何度もアクセスするのは実際面倒です。面倒でした。

こうならないためにも、私は10~15分前にマイページにログインを既にしておき、時刻になったらサイト更新ボタンを連打することを推奨します。(5分前だと、遅いです by経験

おわりに

今回は実は重要な面接予約のコツをお伝えしました。周りの人と同じスタートラインに立って就活を始めたいものですよね。この内容が、少しでも皆さんのお役に立てたらうれしい限りです。

投稿者:田地

2016年06月21日更新