外国人・留学生からよく聞かれる質問 Vol.2

English|英語の記事はこちら

こんにちは!
前回の記事で驚かれたのですが、日本の企業では従業員が社内の掃除を行うところが多いのです。
自分たちで職場の仕事場を掃除するのはごく普通のことなのですが、多くの外国人新入社員は、入社してからその光景に驚かれるようです。

自分たちが使ったものは自分たちで感謝の気持ちを持って片付ける。
これは「もの」や「こと」に感謝をする日本人の心の特性かと思います。企業によっては、社長自ら率先して掃除していることもあるくらいです。

では、今回も留学生からよく寄せられる質問にお答えします!

外国人・留学生からよく聞かれる就職活動に関する質問

外国人である自分たちが働きやすい環境は準備されているのですか?

外国人の採用実績がある企業は、外国人に対して抵抗なく受け入れてくれる企業なのは想像できると思います。
そうとはいえ、外国人採用が初めての場合でも、企業が外国人を歓迎している・準備もしっかりしている企業もたくさんあります。逆に外国人の受け入れを今までしていたとしても、準備が不十分の企業もあります。
そういった環境の場合、外国人の新入社員側が、自分たちで環境を作っていくという積極性もあるとより良いのではないでしょうか。環境に馴染む努力も、環境を作っていく努力も、日本の企業に限らずどの国の企業でも求められるのではないでしょうか。

残業がたくさんあるって聞きました。残業はしなくてはいけないんですか?

残業は、「その日のうちにやらなければならない仕事」の場合はしなくてはなりません。
「日本人は勤勉」というポジティブなイメージがある一方で「働きすぎ」というイメージもあるため、勤務時間を気にする方が多く、こういった質問はよくあります。
「上司が帰ったあとでないと帰ってはいけない」などの強制的な残業は、そういった決まりがあるわけではなく、自分の上司が仕事を抱えているので少しでも手伝いをしたい・抱えている仕事を皆で分担して終わらせる、などと言った「心遣い」の一つです。日本人の社会人にとって、その心遣いが常識と言われています。

留学生採用を考えている企業は、海外事業を行っているような成長企業が多いため、「その日のうちにやらなければならない仕事」が多く存在しています。残業をなぜしなくてはならないのかを考えて、会社や周りの社員・上司ことを考えた行動であると思うと残業の認識は変わってくると思います。

最近では、日本でも「ワークライフバランス」を大切にする企業が増えてきました。仕事を効率化して労働時間の短縮を図ることを前提に、プライベートの時間を増やそうというものです。
これまでのような残業ありきの働き方、仕事観は変わりつつあります。ワークライフバランスを大切にしているかどうかは、企業選びのポイントのひとつとして考えても良さそうです。

家賃負担はしてくれないのでしょうか?

日本の企業で、家賃手当を支給するのは少数派です。 ボーナスや昇給、それ以外の手当があるため、自分の貰える給与に合った住む場所を選べば問題なく生活できます。一般的に、家賃+会社までの交通費を最初の給与の2/5ほどの金額ほどに設定します。その金額以上の家賃は生活が苦しくなりますから注意してください。

投稿者:NSA Staff

2017年12月13日更新