N1を取得すれば、面接での受け応えは完璧なの?

皆さんこんばんは!
ネクストステージアジアのJumpeiです!

日本で働く以上、留学生に日本語能力を求めるのは自然なことです。

今回のテーマは、外国人留学生が就職活動する際に、ひとつの指標となる「日本語力」について。

日本で働く以上、日本語を使った仕事をしてもらうわけですから 採用担当者からすれば、留学生に日本語能力を求めるのは自然なことです。

日本語能力試験(JLPT)

その日本語力を測る上で、皆さんが受けている試験が「日本語能力試験(JLPT)」です。
日本語の理解力に応じてN1~N4までランクされます。
N1を取得した人であれば、問題なく日本語でのコミュニケーションが取れるといえます。

日本語能力試験(JLPT)

日本語能力試験は、日本語を母語としない人の日本語能力を測定し認定する試験として、国際交流基金と日本国際教育協会(現日本国際教育支援協会)が1984年に開始しました。開始当初の受験者数は全世界で7,000人ほどでしたが、2011年の受験者数は全世界で約61万人にのぼり、世界最大規模の日本語の試験となっています。
近年、日本語能力試験の受験者が多岐にわたり、その受験目的も実力の測定に加わえ、就職、昇給・昇格、資格認定への活用など、変化や拡がりが見られるようになりました。試験に関する要望や提言も出されました。
そこで、国際交流基金と日本国際教育支援協会では、試験開始から25年以上の間に発展してきた日本語教育学やテスト理論の研究成果とこれまでに蓄積してきた試験結果のデータなどを用いて日本語能力試験の内容を改定し、2010年から新しい日本語能力試験を実施することとしました。

JLPT

日本語能力試験(JLPT)サイトはこちら

BJTビジネス日本語能力テスト

日本のビジネスをしっかり学んでいきたいと思う方は、 「BJTビジネス日本語能力テスト」を一度受けてみてはいかがでしょうか。

ビジネスでよくある場面での適正な行動・言動の勉強になります。
興味がある方は、サンプル問題を見てみてください。

▶ BJTビジネス日本語能力テストのサンプル問題

このテストでいい点を取らなければ就職できないというわけではありません。

しかし、日本のビジネスではどのような言葉遣いをするのか、ある程度知っておくことで就職後のアドバンテージになります。
またそのような事まで勉強しているという姿勢は、企業の面接官に好印象に映ります。

面接は、普段友達と話すようにはいきません。
練習も兼ねて、ビジネス日本語能力テストに一度挑んでみてはいかがでしょうか♪

P.S.
ネクストステージアジアのインターン生は
N1を取得した後も、勉強のためにドラマ鑑賞を今でも続けているようです!

投稿者:Jumpei

2015年12月03日更新