日本での働き方について Vol.2

日本での時間についての考え方(時間にルーズ)

時間通りに終わらないのは普通

時計

日本での働き方について Vol.1では、日本は開始時間に厳しく、遅刻は許されないということについて書きました。
しかし、終了時間にはルーズで、時間通りに終わらないことは普通です。

仕事や会議が決められた時間で終わらないのは、よくあることです。

「就業時間が遅くなる=能力が低い」とはならない日本

就業時間が遅くなっても、仕事ができない、能力が低いと思われることは日本ではありません。
「社員=仲間」という考え方があり、一緒に頑張るという仲間意識が評価されます。

それゆえに、毎回の定時退勤は評価が下がると考えた方が良いです。
家族との時間を大切にするため、残業はしないという考え方の国もありますね。
日本では、遅くまで働いた方が会社の成長のために一生懸命で、愛社精神が高いと評価されるのです。

対策

日本的な働くことに対する考え方を理解しましょう。

投稿者:Jumpei

2016年01月29日更新